FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舟ふなのつづき

太郎冠者は「船競ふ(ふなきおう)堀江の河の水際に来いつつ鳴くは都鳥かも」の歌を引いて「ふな」が正しいと主張します。


対して主人は「ほのぼのと明石の浦の朝霧に島がくれゆくふねをしぞ思ふ」と謡いますが冠者はすかさず「ふな人も誰を恋ふとか大島の浦かなしげに声の聞こゆる」と、またまた「ふな」となっている歌を示します。


これに対して主人は先ほどの「ほのぼのと・・・」の歌を繰り返す趣向。


実はこのあたりちょっとメモがいい加減で、もう一巡りこの歌のやり取りをしているのですが、このあとなのか、この前なのかわからなくなってしまいました。


ここで太郎冠者の引く歌は三首で、もう一首は「ふな出して跡はいつしか遠ざかる須磨の上野に秋風ぞ吹く」のはずなのですが、この三首をどの順番で出してくるかは、家によって台本が違うようなのですね。


ともかく太郎冠者の三首に対して、主人は同じ「ほのぼのと・・・」の歌を繰り返し、早口で謡って「猿丸大夫の早歌」などと言い、太郎冠者から笑われてしまいます。
この万蔵さんの早口、なかなかのものでして、なんと言っているのか分からないくらい。


主人は一つ思いつき「仕方で謡おう」と三井寺の一節「山田、矢橋の渡し舟の・・・」を謡い出し「・・・ふねもこがれて出づらん」まで謡いますがここで止まってしまいます。実はこのあとが「ふな人もこがれ出づらん」だからなのですが、太郎冠者は詰まってしまった主人に代わって、謡ってしまいます。


なんとも賢しい太郎冠者というところですが、主人が「時々は主に負けて居よ」と叱って留めになります。
(12分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。