FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁のつづき

正先での礼から立ち上がった翁は笛座前に座し、千歳が面箱を翁の前に据えます。今回は早速と申し込んだ関係で正面の二列目という席でしたので、一つ一つの所作が良く見えます。
千歳が箱の蓋を開け、翁自らが白式尉の面を袋から取り出して箱の上に置きます。これを合図に橋掛りに並んで座していた一同が立って舞台に入り、それぞれに着座します。


笛が直ちに座着キを吹き、小鼓が打ち出しますが、いつもながら私、この小鼓三挺の音を聞くと身が引き締まる感じがします。今回は鵜澤洋太郎さんが頭取で大変良い雰囲気です。


笛、鼓が一度切れて、翁の謡い出し。堂々とした謡ですが、地の「たらりあがりららりとう」に続いて笛がヒシギを吹き、千歳が立って正中へ進み「鳴るは瀧の水」と謡い出して千歳之舞へと進みます。半年前に観たばかりですが、凛太郎クン今回も凛々しい千歳之舞。将来が楽しみです。


千歳之舞は、途中に千歳と地の謡が入って前後二節に分かれますが、その千歳の謡で翁が面をつけ始めます。
千歳之舞が終わると、翁は扇を開き「総角やとんどや」と謡いながら、自ら面箱を自分の正面から外して立ち、常座で立った三番三と見合った後に正中へ進んで達拝します。このあたりは各流、ほぼ同じ進行ですね。


翁は「千早振る、神のひこさの昔より」と謡い出します。
観世流では初日の式、二日の式、三日の式、四日の式、さらには法会の式と、謡も微妙に変わりますが、たしか他流ではそうした分け方は無かったか、と記憶しています。
もっとも観世流は通常、四日の式を演じますが、これが他流の通常の形と同じということですね。


そして地との掛け合いのうちに翁の舞へと進みます。
翁は大小前で目付を見込み、ゆっくりと一足出しては爪先を上げ静かに下ろす、という形で角まで進みます。これは金春の特徴なのかな、他流では見かけない形と思いますが。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad