FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁さらにつづき

翁之舞はそんなに複雑な動きをするわけでもなく、要は舞台を巡って四方を祝うという儀式でしょうけれども、各流、案外異なった動きになっています。


今回は、左袖をかづいてうつむき加減に扇で口元を隠す形のまま舞台を一巡りし、今度は左の袖を巻き上げ面を上げてやや上方を見上げる形で扇で口元を隠す形をとり、これで舞台を一巡りするという所作がありました。


翁が舞を終え、翁還りとなると、今度は三番三の舞。
これがねぇ、良かったんです。揉ノ段から、面箱とのやり取りを経て鈴ノ段となるわけですが、見事でした。
東次郎さんの三番三、本当にしばらくぶりでしたが、年齢を感じさせない見事な舞。
山本家の三番三は割とよく観ているのですが、常の狂言でもそうなのですが、東次郎さんはどこがどうとうまく言えないものの、何かひと味違う感じがします。


揉ノ段、鈴ノ段いずれも見ほれてしまいまして、メモもとっておりませんので、ただ「良かった」という感想のみです。
萬斎さんの三番叟も見事ですが、また違った意味で良いものを拝見しました。


余談ですが、金春の翁というと、春日若宮おん祭りにて演じられる「弓矢立合」や、興福寺薪能にて演じられる「延命冠者」「父尉」など、古い伝統のあるものを伝えていて、私も春日大社若宮での弓矢立合は観ていますが、当然といえば当然ながら「普通の翁もやるんだなあ」と思った次第です。
(70分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。