FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋のつづき

シテはワキと共に石橋を見、下を覗き込んだりし、ワキの「なほなほ橋のいはれ御物語候へ」の言葉に正中で下居して語る形になります。
このあたりは先日の宝生流でも、シテとツレの違いはあるにしても、基本的に同様の動きでした。


山井さん、前シテが老人の曲もけっこう観ていますが、うまいです。
謡がお上手なんですね。もともと声が良いところにもってきて、お歳に似合わず趣ある謡をされます。
この前シテもなかなかに聞かせました。


地謡の「神変仏力にあらずは」で立って「向いは文殊の浄土」とワキ正へ向かって二足ほどツメ、さらに「しばらく待たせ給えや」とワキへあしらって来序で中入りとなります。


シテが幕に入ると囃子が狂言来序に変わり、アイの仙人が登場してきます。「せがれ仙人」って言っているのですが、どんな字を書くのかわかりませんし、はてどんな意味なんでしょうね。
ともかくアイの仙人は登場すると、常座で立ちシャベリ、石橋の様子などを語ります。ひとあたり話し終えると橋掛りを振り返り「獅子が来ると申すか」と問う形。
獅子が出てくる勢いに、命を失うかも知れないが、命を失っては橋を渡ることも出来ないと述べて、謡い、一回りして退場します。


アイが幕に入ると一畳台が持ち出されます。
まず白花の台を正先へ、花は正面から見て右側に立っています。続いて赤花の一畳台をややずらして、先の台の奥側の橋掛り寄りに並べます。
いよいよ期待感が高まりますがこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。