FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋 連獅子 田崎隆三 宝生和英(第30回納涼能第2部)

宝生流 国立能楽堂 2007.7.20
 シテ 田崎隆三 宝生和英
  ツレ 朝倉俊樹、ワキ 宝生閑
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 幸正昭
   太鼓 金春惣右衛門、笛 一噌隆之


続く時というのはこういうもので、石橋も観ない時は何年も観ないのですが、今年三度目の、しかも間4日置いての鑑賞。
金春の古式に宝生の連獅子、いずれも赤白二体の獅子が登場する形です。
しかも前後あって比較しやすいところですね。


獅子が二体以上になっても、基本はシテとツレというのが他流の扱いだと思います。
金春の古式では前場もあったので、前で山人として出た方がシテで、もうお一方がツレの扱い。半能でも、もともとは前場がシテ一人なわけですから、自ずと後場に登場するのはシテとツレという決まりになりそうですね。


一方、宝生流では前場の童子、今回は小書のため老人ですが、これがツレの扱いなので、後場の獅子は両シテの扱いのようです。ということで、このブログも今回はいささか変則的な書き方になっております。


以前にも書いた通り、前場の終わりにツレが幕に入って、直ぐ後場シテの出になるという宝生流の独特の形のため、まず最初に一畳台が持ち出されてきます。


このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。