FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

楊貴妃 友枝雄人(喜多流職分会自主公演)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2007.7.22
 シテ 友枝雄人、ワキ 村瀬提
  アイ 三宅右矩
   大鼓 佃良勝、小鼓 観世新九郎
   笛 一噌庸二


楊貴妃は7月初めに万三郎さんのシテで観たばかり。あまり間があいていないので、比較する感じになりますね。


まずは一同着座すると引廻しをかけた宮の作り物が出されます。前回の観世会では柿色というか朱系統の色のものが用いられましたが、今回は屋根は赤系統であるものの、引廻しは緑系。屋根との対比が映えますね。


続いて次第の囃子でワキが登場してきます。
ワキは福王流の村瀬提さん。かなり力が入っておられたのか、謡ううちに汗が滴るほどでした。謡自体は割にサラリめに謡っている感じだったのですが・・・


道行を謡ううちに常座から数歩出てまた常座へ戻る型で、これで常世の国に着いたという次第。少し前へ出、後ろを向いて狂言座へ呼び掛けてアイを呼び出します。


呼び出されたアイと楊貴妃を知っているかという問答。
太真殿にそれらしい女性が居ると聞いたワキは作り物に向かい様子をうかがうことにします。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。