FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

邯鄲 藁屋 関根祥人(閑能会別会)

観世流 観世能楽堂 2007.9.8
 シテ 関根祥人、子方 観世喜顕
  ワキ 村瀬純、アイ 善竹富太郎
   大鼓 国川純、小鼓 観世新九郎
   太鼓 観世元伯、笛 松田弘之


邯鄲もまだこのブログでは鑑賞記を書いていなかったんだなあ、と妙にしみじみと思ったりしています。
いや、この邯鄲という曲ですが、大変好きな曲の一つなんです。能の大曲・難曲というとまず道成寺が挙げられますが、むしろこの邯鄲の方が良くできているのではないかと思ったりもしています。


唐代の伝奇小説「枕中記」が原典と言われていますが、もう少し古い時代からこうした話は伝えられていたようです。能の展開は枕中記とはいささか異なる部分もありますが、いずれにしても、将来ある若者が夢のうちに一生の栄枯盛衰を見て何かを覚るというテーマは、見る者を惹きつけます。


ここでちょっと問題なのは「何」を覚ったのかというところですが、ここは演者の解釈や技量、見る側の解釈などが絡み合うところですね。その話はいずれ後ほど。


さて舞台上には、まず作り物が出されます。通常は一畳台に引立大宮を出しますが、今回は藁屋の小書がついているため引立大藁屋が出されます。


続いて狂言口開。アイの宿の女主人が枕を持って登場。富太郎さんは注目している狂言師の一人。かなり太めの体型ですが歯切れの良い芸風で好感を持っています。
常座で「仙人からもらったこの枕で眠ると人生の悟を開くことが出来る」と述べて、枕を一畳台に置いて笛座前に着しました。


ここで次第の囃子が入り、シテの出。通常は黒頭に半切、法被の姿ですが、今回は藁屋の小書のため唐帽子をつけ、着流しに掛絡をかけ唐団扇を持つ形です。藁屋の小書がついても常にこの装束というわけでは無いようですが、青年というよりもやや年配の雰囲気を感じる装束です。
さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。