FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上 岡庭祥大(閑能会別会)

観世流 観世能楽堂 2007.9.8
 シテ 岡庭祥大、ツレ 渡辺洋子
  ワキ 宝生欣哉、アイ 善竹大二郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 小寺佐七、笛 寺井久八郎


能としては大変ポピュラーな曲。この日は邯鄲、松風、葵上と、実に楽しめる番組であります。


このブログでは今年の式能で金剛流種田道一さんが梓之出の小書付で演じられたものの鑑賞記を書いています。
今回は観世流の小書き無しの形。見慣れた能ではありますが、それだけに演じ手の技量が問われるところ。


まずは切戸口から後見が現れ舞台正先に小袖を出します。この舞台上に広げられた小袖が曲名の葵上ということで、生身の葵上が登場しないのも能独特の処理ですね。
続いてツレの照日の巫女が登場しワキ座に着座します。いわゆる出し置きなので、ここまでは準備段階というところ。


物語の初めはワキツレ朱雀院の臣下の登場からになります。
洞烏帽子に狩衣の姿で登場し、葵上が物の怪に憑かれて、様々な医療や調法を行ったものの容態が良くならないため、照日の巫女に占わせよという院の命を受けてやって来たわけです。今回のワキツレは大日向さん。好きなワキ方の一人ですが、堂々とした臣下です。


ワキツレは常座から地謡前に進んで着座し、ツレに占いを促します。
大小が梓ノ手を打ち、ツレは「天清浄地清浄」と謡い出すところ。ああ、このあたりの雰囲気が好きなんですよね。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。