FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上のつづき

ツレの謡「蘆毛の駒に手綱ゆり懸け」は、ヨワ吟からツヨ吟、そしてまたヨワ吟と移り、怨霊であるシテを導き出す意味深いところ。
これを受けて一声の囃子でシテが登場し一セイ「三つの車に法の道、火宅の門をや出でぬらん」と謡います。
今回のシテ、岡庭さんは初めて拝見しましたが、若々しい雰囲気です。


式能の鑑賞記で書いた通り、梓ノ出の小書がつくと、ツレの謡のうちに幕が上がり、シテは橋掛りを進んで、ツレの謡が終わると一セイ、次第、サシ、下歌、上歌を飛ばして、いきなり「梓の弓の音は何処ぞ」と謡い出します。非常に緊張感が高まる形で、これはこれで素晴らしい形ですが、私自身はこの飛ばされる部分の謡が好きでして、ちょっと勿体ない感じがしています。


さて「梓の弓の音は何処ぞ」のシテの謡の後、ツレが「東屋の母屋の妻戸に居たれども」と謡います。これなんだか変なんですよね。
昔はシテが青女房を伴って登場したらしく、これを青女房が謡うとしっくりするのですが、以前にも書きましたけれど青女房を廃した現在の演出の方が、スッキリしていて劇としては質が高くなった感じがします。


登場してきたシテの姿はツレの巫女にしか見えません。そのためツレは牛も無い車に乗った上臈の姿を述べ、ワキツレ臣下に向かって「もしかやうの人にてもや候ふらん」と問いかけます。
これに答えてワキツレは、大方は推量したので名を名乗るようにとシテに迫ります。大日向さん、力の入った謡でシテに迫る迫力があります。
さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。