FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

班女 波吉雅之(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.9.15
 シテ 波吉雅之、ワキ 工藤和哉
  アイ 高澤祐介
   大鼓 上條芳暉、小鼓 曽和正博
   笛 藤田朝太郎


あれ?っと思ったのは、班女の鑑賞記をこのブログでまだ書いていなかったこと。
なんだかしょっちゅう見ている曲のような気がしていたのですが、いささか間があいてしまっていたようです。


もっとも昨年秋の宝生会別会で波吉さんの班女の仕舞を見ているので、その辺の記憶があったのかもしれません。


班女というのは前漢の成帝の寵姫であった班婕(ハンショウジョ:フォントの制約で表示されない場合は、真ん中の字ショウは女偏に捷の旁)のこと。彼女が帝の愛を失った我が身を扇にたとえた詩を作ったことから、これにちなんでシテ花子のあだ名となっています。
余談ですが班婕の一族から、後漢になって漢書を著した班固が出ているとか。


さて舞台はまず美濃の国、野上の宿の長であるアイが登場し、遊女花子が吉田の少将と契を交わして以来、交換した扇を眺めてばかりで勤めを怠っているので、皆からは班女と呼ばれており、差し障りもあるので追い出そうと思うと語ります。


語り終えたアイは橋掛りへ向かい、一ノ松で班女を呼び出し、速く出でよと急かしたりしますが、ようやく大小前に着座したシテに対して追放すると言い切って、シテの扇を取り上げて叩きつけ、「腹立ちや、腹立ちや」と言いながら退場してしまいす。
いつぞや善竹十郎さんのアイで、身をよじるような腹立たしいしぐさが印象に残りましたが、高澤さんのアイもなかなかの激昂ぶりで印象深いものでした。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。