FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

頼政のつづき

平等院の庭で、ワキは芝が扇の形に取り残されているところに気付きます。これをシテに問うと、シテは昔、源三位頼政が敗戦の末に、この場所に扇を敷き自害して果てたために、芝を扇の形に取り残してあるのだと語ります。


しかも今日は、その戦のあった日と同じ月、同じ日であったと述べ、自らはその頼政の幽霊であると言って姿を消してしまいます。


このシテの謡「かように申せば我ながら、よそにはあらず旅人の」で始まる一節になかなか趣深いものがありました。「現とな思い給いそとよ」とわざわざことわって、徐々に自らの正体の核心に触れ、続く地謡の謡で「我頼政が幽霊よ」と正体が明らかになります。「名のりもあえず失せにけり」と謡が止まった後、囃子もないしんと静まりかえった中を静かに退場していくわけですが、後ろ姿に気力の充実が感じられたところです。


中入りではアイの宇治の里人が、頼政挙兵のいきさつや宇治橋の合戦の様を語ります。


里人が帰っていくと、ワキは頼政の幽霊が現れ言葉を交わしたことに感じ、弔いの上で夢で再び遭おうと待謡に謡ってシテの出を待ちます。


後シテは一声で登場し、一ノ松でサシを謡い「あら閻浮恋しや」と現世への執念を明らかにします。
後シテはこの曲専用の面「頼政」に「頼政頭巾」を着け半切に法被で、法体の鎧武者を象徴した姿です。


シテはワキに対して、さらに読経を促し、これに答えて、ワキは源三位頼政の幽霊かと問いかけます。
シテは名乗る前から頼政とわかってしまった事を恥ずかしがるものの、さらに経文を読誦するようワキに頼みます。


ワキは読経の功徳に成仏は間違いないと力づけ、シテの昔語りへと続きます
その昔語りの有様はまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。