FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

隅田川 柴田稔(銕仙会青山能)

観世流 銕仙会能楽研修所 2007.10.24
 シテ 柴田稔、子方 後藤真琴
  ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 大日向寛
   大鼓 國川純、小鼓 大倉源次郎
   笛 内潟慶三


隅田川は大変有名な曲ですが、私自身にとっても、国語の教科書に載っていたこの隅田川が、謡曲、さらには能への感心を持つきっかけとなった、記念すべき曲でもあります。
何度か観ていますが、能の構成としても良くできた曲で、観世十郎元雅の傑作ですね。もっとも子方を出すか出さないかで、世阿弥と元雅の間に意見の違いがあったようで、世阿弥は子方を出すべきでないとの主張だったようです。
そうしたことからか、子方を出さない演出もありますが、確かに子方によって雰囲気が盛り上がる場合と、崩されてしまう場合とあり、子方を出さないという形にも一理あるように思います。


さて舞台は一同着座すると、後見が塚の作り物を持ち出してきます。通常の塚に比べるといささか小ぶりな感じ。この日の後見は山本順之さんと西村高夫さんでしたが、塚は西村さんと鵜澤久さんが持って出ました。・・・鵜澤久さんの能もしばらく観てませんね。確か安達ヶ原以来。それはさておき、塚が大小前に据え付けられると名宣リ笛でワキの出となります。


ワキは宝生欣哉さん、常座で隅田川の渡し守である旨を名のり、一人二人では渡さず人を待って舟を出そうと述べて、地ノ頭あたりに着座します。
囃子方が次第を奏し、ワキツレの男が登場してきます。常座で次第を謡った後、正面を向いて名のりますが、観世の本だと大口に掛け素袍、笠を被った都の者で、東国に知る人のあって下るところとなっているのですが、下掛り宝生だと東国方の商人で都で商いを終えて東国に戻るところという設定。大日向さん長上下での登場でした。
道行で隅田川の渡しまでやってきたと謡い、角へ出てワキに如何に舟頭殿と呼び掛けます
この続きはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。