FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

淡路さらにつづき

ワキはワキツレを呼び、淡路の所の者を呼ぶように申しつけます。これに答えてアイの所の者が登場。いわゆる語りアイで「伊弉諾と書いては種蒔くと読み、伊弉冊と書いては種を収む」のくだりなどを繰り返し、当社の縁起などを語ります。

アイが下がると、ワキの一行が立ちあがり待謡。後シテの出の囃子は出端ですが、神能らしくテンポの速い囃子に、期待が高まります。
颯爽と登場した後シテは、一ノ松で謡い、地謡が受けると舞台へ入って常座へと進みます。

高砂の後シテと同装ですが、面は天神の様子。高砂同様に邯鄲男を用いる場合もあるようですが、伊弉諾命には天神の方が似つかわしいかも知れません。

「御末は今に」とシテは謡いながら六拍子、ヒライて、地の「和光守護神の扶桑の御国に」に合わせて舞台を一回りし、大小前の左右から神舞へと入ります。

颯爽と神舞を舞い、舞い上げると地謡の「げにありがたき御誓・・・」からロンギ。謡い舞いしつつ「国富み民もゆたかに万歳をうたふ」と両袖を巻き上げる特徴的な型を見せ、「治まる国ぞ久しき」と留拍子を踏みました。

スッキリとした神能らしい神能だったと思います。
ところで前ツレは姥で金剛流と同じでしたが、観世流では男が出ます。実は明治時代の古い金春の謡本を見ると「ツレ男」と明記されているのですが、いつからか変わったのか、そのあたりは残念ながらわかりません。
伊弉諾・伊弉冊の二柱が仮に現れたと考えれば、尉と姥の方が落ち着く感じがしますし、社前の翁に神が懸かったと考えればツレが男でも納得いくところでしょうか。

そういえば笛の栗林さん。松田弘之さんの笛と良く似た味わいだなあ、としみじみ思った次第。
(88分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad