FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

砧さらにつづき

「砧を拵へて参らせ候べし」でシテは後見座にクツロイで物着となり、後見がワキ座前に砧を出してきます。
この後の砧の段は一曲の聞かせどころ、見せどころです。

シテは常座に出て「いざいざ砧うたんとて」と謡い出し、「怨みの砧」「うつとかや」でツレと砧を挟んで向かい合う形になります。シテは砧を見込みますが、面を上げてツレを見込む風もあり、このあたりも微妙な解釈がありそう。
「空すさまじき月影の」と目付柱の先を遠く月影を見るように面を上げたりしつつ、シテの謡い舞いが続きます。

地謡の一セイ「宮漏高く立ちて風北にめぐり」は高く引き立てた謡で、唐土の蘇武の故事へと展開するきっかけを感じさせます。サシ込みや左右など、抽象的な型の連続ですが、そこに思いが込められた感じ。
シテの「文月七日の暁や」で上扇の後、大左右から打込開キといった型の連続のあと、大小前からすーっと砧に寄り、「ほろほろ、はらはらはらと いづれ砧の音やらん」とツレと砧をうつ形になります。

するとツレが正中に回って砧に向かうシテの背後から声をかける形で「いかに申し候。都より人の参りて候ふが。この年の暮にも御下りあるまじきにて候」と追い打ちをかけるように、何某の下向が無いことを告げます。

これにシテは年の暮と思って待っていたのに、それも変わり果てたのかと安座してモロシオリ嘆きます。地謡は「病の床に伏し沈み。遂に空しくなりにけり」と謡い、ツレがシテを支えるように付き従い中入りとなります。

さてこのつづきはもう一日、明日へとつづきます
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。