FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

謡の話・・・詞、下歌、サシ

昨晩は泊まりで出掛けておりまして、ブログ更新はお休み。

さて本日は引き続き謡の話です。

詞(コトバ):全般に節のついていない部分を言います。謡本を見るとすぐ分かるのですが、節のある部分は謡の詞章の右横に色々な記号が書かれています。胡麻のような点が多いのでゴマ節などと呼ばれますが、この記号がある部分が節のある、狭い意味での謡で、ない部分が詞ということになります。しかし詞の部分も節がないとは言え広い意味で謡ですので、もちろん普通に話すような台詞使いではありません。
流儀によって表記の仕方に違いはありますが、詞の部分には句の終わり近くに「レ」あるいは「く」のような記号が書かれたところがあります。これはヒラキとかオコシとか言われる箇所で、次の音を上げて発声します。高低アクセントをつけるのですが、これって古い時代の関西弁のアクセントなのかなあ・・・などと想像しています。

下歌(サゲウタ):七五調の低音域の謡で二句ないし四句程度の短い拍合の謡です。中音で始まり下音で終わるのが一般的な形だと思いますが、次に来る謡を引き立たせるように静かに謡われることが多い部分です。下歌の次には上歌が来る場合が多いのですが、詞が来る場合もあり、一定してはいません。

サシ:七五調の高音域の謡で拍不合で謡われます。語るような謡い方でサシ調と言われる謡です。クリ・サシ・クセとつづく部分に用いられますが、シテが登場しての冒頭、一ノ松あたりで謡われたり、次第などに続けて謡われることもあります。金春流の謡本では「サシコエ」と表記されています。

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。