FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

囃子の話・・・出端など

後シテの登場の際に、太鼓が入って奏されるいくつかの囃子があります。
太鼓が入った囃子は生身の人間の登場には用いられません。これらの囃子で出てくるのは神仏や鬼畜、精霊、妖精などと決まっています。以前に書いたような気がするのですが、中世の日本人にとって、規則正しく刻まれるリズムは、人間のものではなく、異界からの到来を示したのだとか。

このため太鼓が入って規則的なリズムが刻まれる囃子は、それだけで異界からの出現を示すことになるわけです、
出端はこのなかでも一般的な囃子で、ノリの良い囃子を大小鼓と太鼓が奏し、笛がアシラう形です。神、鬼、霊、精、天女などに広く用いられます。太鼓の入った一声と言っても良いかもしれません。

早笛は神や竜神、鬼畜などに用いられますが、非常にテンポの速い囃子で、笛が主体となって大小鼓と太鼓が囃す形です。後場のシテやツレが、この囃子で走り出てくると気持ちが高揚しますね。船弁慶の後シテの出などは、早笛の魅力が特に感じられるところです。
この囃子は直面の武士の登場などでも奏されることがありますが、この場合は太鼓が入りません。

大ベシというのは早笛と基本的に同じような構造をした囃子ですが、テンポはずっとゆっくりになり、力強く奏されます。大ベシ見の面をつけた天狗の登場などで奏されます。
確か是界の鑑賞記か何かで書いたような気がするのですが、大ベシはゆっくり奏するけれども、のんびり奏しては駄目で、高速で飛行するジェット機を地上から見るとゆっくり見えるように、高速で飛ぶ天狗を遠く見るような気持ちなのだとか・・・

登場の囃子、もう一日つづけます

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。