FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三輪 素囃子 梅若万三郎(梅若研能会)

観世流 観世能楽堂 2008.1.14
 シテ 梅若万三郎、ワキ 森常好
  アイ 石田幸雄
   大鼓 亀井広忠、小鼓 幸清次郎
   太鼓 助川治、笛 一噌幸弘

このブログでは、三輪の鑑賞記は喜多流粟谷明生さんの神遊の小書付の際のものを掲載しています。三輪は割と良く演じられる曲ですが、本来は四番目に置かれますが、三番目にも、あるいは初番にも置かれるという曲。
なにぶん、後シテは女性の姿ではあるものの、本来は男神である三輪明神ですから、初番神能と同等に扱われても、それはそれで納得できるところです。

しかもそうした神性を強調するためか、観世の誓納や金剛の神道、喜多の神遊といった重い小書があって、戦前から戦後にかけて能評などに大きく貢献された三宅襄さんの解説によれば、吉田神道の影響でこうした特殊演出が出来てきたのだとか。

観世流では、誓納がもともと宗家の一子相伝だったため、京都の片山家がこれに相当する演出として作ったといわれる白式神神楽という素敵な小書もあります。今では流儀の小書として割合よく演じられているようで、先日は宗家清和さんも上演されたようです。(もっとも現宗家と片山家は縁続きですから、そういう関係からかもしれませんが)

さてこの日の素囃子(シラハヤシ)は非常に重い扱いの小書で、誓納よりも重く扱われるのだとか。そのため滅多に演じられないようです。
どこがどうだったかについては、いずれ・・・ということで
明日につづきます

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。