FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三輪のつづき

まずは作り物出し。後見が大小前に運んできますが、これは常の形です。
つづいて名ノリ笛でワキが登場してきます。森さんの重々しい玄賓僧都です。小格子厚板の着流し僧姿。

ワキがワキ座に着座すると前シテの登場となります。
次第で出たシテは一ノ松で次第を謡います。型通り一ノ松から鏡板の方を見ての謡なので、ほとんど横を向いて謡うような感じになります。三輪を脇能の扱いで演ずるときは、次第を三遍返しにすると聞いたことがあるのですが、今回は特にそういうこともなく、普通に地取りが二句を謡っただけでした。

一ノ松で正面に向き直ってサシの謡。右手に水晶の数珠、左手には小さな水桶と榊の小枝を持っています。玄賓僧都のもとへ今日も参ろうというところです。

続くワキの謡、静かに心境を謡う感じです。「山頭には夜孤輪の月を戴き・・・」と、大変柔らかい謡。「雲を吐く」にはイロがついていますが、柔らかく包み込むような感じで音程を上げながら謡った感じです。

この謡の内に舞台に入ったシテがシテが案内を乞い、庵の内と外での問答となります。玄賓僧都の許しに、シテは地謡の「柴の網戸を押し開き」で常座から正中へ出て庵の中に入った設定、下居して「罪を助けて賜び給へ」とワキに向かって合掌します。

つづく地謡の上歌では静かな秋の情景が謡われ、シテは正面に向き直って静に水音に耳を澄ます風情です。。
謡が終わると、シテはワキに衣を所望します。秋も夜寒なので衣が欲しいというのですが妙な話ではあります。さてこのつづきはまた明日に
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。