FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

檀の会を観に行く

今回初めて、松木千俊さんの主催される檀の会を拝見しました。
松木さんの能は定評があり、一度拝見しようと思っていたのですがなかなか機会無く、歌占のツレで拝見した他は、地謡や後見などでお見かけする程度。

今日の番組は、松木千俊さんシテの「屋島」。弓流と奈須与市語の小書がついていましてアイは萬斎さん。万作さんシテの狂言「文荷」を挟んで、松木さんのご子息、崇俊さんのシテで「舎利」。こちらはツレで、かの祥丸さんが出ています。
他に仕舞が六番ほどでした。

屋島、良かったです。やっぱり松木さんの能は観るだけの価値がありました。謡も味があります。特に前シテの謡に深みを感じました。
萬斎さんの奈須与市語は久しぶりに拝見しましたが、これまた見事な舞台で、以前拝見したときよりも余裕を持たれているというか、風格が出た感じです。

ご子息崇俊さんは昨年が初面だったそうですね。子方時代の雰囲気をいささか残しておられる感じがしますが、速い動きはピシッと決まっていて好感が持てました。ツレで関根祥丸さんが出ていまして、二人の足疾鬼と韋駄天はなかなかの見物でした。

文荷(大藏流は文担)はよく観ている狂言で、万作さんのシテでも観ていますが、今回やけに面白かったような気がしました。気のせいですかねえ・・・

一昨日に続いて、別ブログの方でお世話になっているArabesquさんにお目にかかりました。一昨日も本日も最前列で萬斎さんを観ていらっしゃいましたが、最前列であの那須与市語は迫力あったでしょうね。(私の別ブログの方はもう暫く更新していませんが・・・)
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。