FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

古態の翁さらにつづき

立ちあがった翁二人は正面を向き、十二月往来となります。
十二月往来の実演はこれまで観たことがないのですが、翁が二人出て掛け合いで謡い、千歳之舞の後、睦月から師走まで目出度い言葉を掛け合いで言祝ぎ、翁之舞を相舞するというもの。
これを観世、宝生の異流で行う形だったようです。

ようです・・・というのも、詞章が観世の神歌とは異なっているからで、観世の本にある十二月往来では
「睦月の松の風 「八絃(ヤヲ)の琴をしらべたり
「如月の霞は 「天つ少女の羽衣よ
「彌生の桃の花 「三千歳(ミチトセ)もなほ栄うる
などとなっていますが、今回の詞章では
「正月の松の風 「きんの琴を調む
「二月の燕は 「疾(ト)う成り祝いをはやむ
「三月の霞は 「四方の山にたな引く
といった感じです。

この最初の問いかけを観世権守が謡い、これに宝生権守が答えつつ一指し舞うという形。なかなかに面白いものです。

そしてこの後は翁之舞の相舞。これは観世、宝生がそれぞれの翁之舞をそれぞれに舞う形で、微妙な違いが面白いところでした。
さらにつづきます

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。