FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

研究会を観に行く

出張帰りに研究会に寄ってみました。
五時半の開演直前に観世能楽堂に到着。渋谷の駅から小走りに急いで、やっとという感じです。突然思い立ったので、チケットは当日券。
入ってみると正面はほぼ満席ですが、ワキ正、中正はけっこう空いていて、中正の前の方に陣取りました。

番組は、津田和忠さんのシテで嵐山。いや春らしい良い雰囲気の能でした。
狂言が山本則直さんのシテで雁礫。同じ大藏流でも大蔵吉次郎さんのシテで観たのとは、けっこう印象が違います。
仕舞三番を挟んで、清和さんの舞囃子で求塚。これは見事でした。
最後に武田尚浩さんのシテで頼政。力の入った演技でした。
附祝言は淡路だったと思うのですが、ちょっと珍しいですね。

それにしても9時終演まで観ていると、さすがに帰ってきたら日付が変わるところでした。
鑑賞記は式能の後になるので、暫く先になりそうです・・・

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト



古態の翁さらにさらにつづき

翁の相舞が終わると三番三の舞になります。

観世方千歳の東次郎さんが三番三を兼ねているため、舞台に進み出てまずは揉ノ段を舞います。揉ノ段の途中で橋掛りへと進みましたが、これは常の形にはありませんね。
舞い上げると三番三は後見座にクツロぎ、後見に助けられて黒式尉の面をつけます。このあたりは常の形と変わらないところ。(ま、テレビの中継らしく、ここは舞台の屋根の映像になっちまったんですけど)

黒式尉の面をつけた三番三は、舞台に進み出てアドの大夫との問答になります。
ここでは宝生方千歳の則重さんがアドになり、三番三と問答を行います。
この問答はいささか通常とは違う形。通常は三番三がアドの大夫に座に戻るように求め、アドが戻るのは容易いので先に三番三に舞うようと返し、この押し問答の末に、アドが三番三に鈴を渡して鈴ノ段になるわけですが、今回は押し問答はあるものの微妙に詞章が違っています。書き取ったので記載してみます。

三番三「ものに心得たるアドの大夫殿に、きと見参申そう。
アド「ちょうど参って候
三番三「誰がお立ち候ぞ
アド「年頃の傍輩づれ、おんみアドの役にまかり立ちて候。三番猿楽さっと舞うて御入候へ
三番三「三番猿楽の舞わうずることは易う候、まづアドの大夫殿おん直り候へ
アド「それがしが直ろうずることは易う候、はやおん舞ひ候へ
三番三「まづお直り候へ
三番三「いや (これはどちらが声を出したのか、実は良くわかりませんでした)
アド「雉の尾は、笙の笛にぞ似たりける
地謡「似たりける、笙に合はせて音をぞ鳴く

と謡って鈴ノ段になりました。
このアドと三番三の問答はいくつかのバリエーションがあるらしく、秀句尽くしのようなものを観た方の鑑賞記を読んだことがありますが、今回のはそれとも違うようです。

さて鈴ノ段を舞い上げると、今度は宝生方千歳が延命冠者として現れ、父尉(観世権守が兼ねた)を呼び出します。舞台に進み出た父尉がカケリのような舞を舞って、今回の翁が終了しました。

いわゆる翁還りはありませんので、最後は千歳、囃子方、地謡、権守という順番で退場。実に珍しい形ではありましたが、古い時代の儀式ということなのでしょう。

ところで両権守は、常の翁の蜀江錦ではなく白の狩衣に白の指貫という姿。これ金春流からの借り物だそうで、この話は宗家安明さんのブログで拝読しました。確かに春日大社の御祭や、夏の金春祭の際の翁は白装束でしたね。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。