FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁 金剛永謹(第48回式能)

金剛流 国立能楽堂 2008.2.17
 翁 金剛永謹
  三番叟 野村万蔵、千歳 小笠原匡
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 大倉源次郎
   脇鼓 古賀裕己 田辺恭資
   太鼓 金春國和、笛 一噌隆之

金剛の翁というのは初見です。坂戸金剛家が右京師を最後に廃絶して以来、金剛流の中心地は京都になってしまいましたので、東京で翁が勤められるのは式能の際だけではないでしょうか。そうなると五年に一度観られるだけということになりますね。

翁って儀式だし別に何流でも同じじゃないのか、とかつては思っていたのですが、たしかに基本は同じものの、微妙な違いがあって案外面白いものです。
今回も、ちょっとした所作の違いなど、気付いたところをレポートしておこうと思います。

さて下掛りなので面箱と千歳を兼ねた小笠原さんが、高く面箱を捧げて幕から登場し、翁、三番叟と続きます。(上掛りではシテ方が千歳を勤めるので、狂言方の面箱とシテ方の千歳が登場します。興味のある方はこれまでの鑑賞記もあわせてご参照下さい)
翁の装束は、金春流の弓矢立合や喜多流の白式など、特別な例を除いては、各流とも蜀江錦の袷狩衣に指貫と決まっていますが、そうは言っても文様などは微妙に違うもの。
この日の永謹さんの狩衣は、少し青みがかかった色目で、大柄な永謹さんに似合った美しいものでした。

面箱は目付まで進んで下居。ちょうど翁がシテ柱あたりに来ており、ここから翁は正中へ進んで正面を向き、四足ほど正へ出て、まずワキ座の方向に二足出て両手を開き、今度は目付の方向に二足、再びワキ座の方へ二足、と出ては開く型(観世流で言うと行カヽリのような形なんですが)を繰り返して下がり、下居して両手を付き深く一礼。ここから笛座前に進んで着座します。
基本的な形は各流同様ですが、所作が微妙に違いますね。

このつづきはまた明日に
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。