FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁のつづき

翁が着座すると面箱が立ち上がり、翁の前に面箱を置いて蓋を取ります。翁が白式尉の面を取り上げ、押し戴いて戻すと囃子方、後見、地謡などが次々と舞台に入り着座します。
このあたりも特に変わったことはありません。
が、ふと気になったのは、翁が着座すると他の演者たちは橋掛りに並び、正面の方に向いて座しますが、この際に脇鼓は正面の方ではなく、橋掛りの先の舞台の方向を向いたまま着座していたこと。
小鼓頭取の前後二人が他の演者とは違う角度で座しているのは、気にしてみると妙に気になります。いままでどうだったのか、意識したことがなかったのでわかりません。来年は注意してみよう・・・

さて一同着座すると笛が座着きを吹き、小鼓三丁が打ち出して、翁が「どうどうたらり」と謡い出します。「鶴と亀との齢にて」「幸ひ心に任せたり」の後の翁の謡「とうとうたらりたらりら」は、高く声を張り上げた感じで祝祭の謡というイメージ。

地謡の「ちりやたらり」の謡に続いて、千歳が袖褄を取りながら「鳴るは瀧の水」と謡いつつ正中へ出て、正先で両手を広げ、左右を向いてから正へ直して千歳之舞となりました。

小笠原さんの舞らしい舞を見たのは初めてですが、千歳らしい若々しい舞でした。
千歳之舞は二つに分かれていて、間の部分で千歳の謡が入りますが、観世の四日の式では「君の千歳を経ん事も天津乙女の羽衣よ」となっているところを「ところ千代までおわしませ我等も千秋さむらはん」と謡い、「鳴るは瀧の水日は照るとも」と続けて後半の舞に入りました。

千歳之舞に続いて「尋ばかりやとんどや」で翁が面箱を避け「座していたれども」と三番叟ともどもに立ち上がって一度向き合った後、三番叟は直ぐに後見座にクツロぎます。このあたりは他流と同じ。
さらにこの後、続きます

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。