能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁さらにさらにつづき

翁之舞を舞い上げると、翁は「千秋万歳の歓びの舞なれば」と謡い、大小前で左回りに小さく回って扇で面を隠して一礼し畏まった形から、直して翁還りとなります。

目付柱の方向から面箱に向かう形で面を外し、正中へ出て正面へ向き、目付方向、ワキ座方向、再び目付方向へと行カヽリのような形で出てから、正中へ下居して深く一礼。
右袖を胸の前に広げる形から向きを変え、立ち上がって退場しました。

変わって三番叟になります。
先日の梅若研能会での万三郎さんの翁、鑑賞記では月崎さんの三番叟について書きましたが、同じ芸系ですし所作の違いなどはありません。

そういう意味では萬斎さんの三番叟とも同じなのですが、しかし演者が違うと随分と違って見えるものです。萬斎さんの舞は鍛え上げた身体能力というか凄いという感じなのですが、万蔵さんの舞はある意味オーソドックスな、大変安定感のある舞でして、伝統的な三番叟の粋のようなものを感じます。

三番叟の直垂は黒っぽい色ですが、褐色(かちんいろ:かちいろとも)というのが本来なんだそうで、黒に近い濃い藍染め。褐(かち)が勝ちに通じることから、平安時代以来、縁起をかついで武具の染め色や祝賀のときに用いられたのだとか。
そういう長い伝統と祝賀を感じさせる万蔵さんの舞でした。

ところで先日触れた翁の打掛りの際も三番叟は万蔵さんでした。
この「打掛り」は大鼓の石井流の小書で、なんでも江戸時代に大鼓方が遅参したことがあったそうで、遅れた大鼓方が切腹覚悟で三番叟になるところで大鼓を打ちながら幕を走り出たところ面白いとお褒めに預かり、後に石井流の重い小書になったとか。
ほとんど演じられることはありませんで、昨年の正月にテレビ放映される以前では、おそらく二十年近く前に橋岡久馬さんの翁で演じられて以来ではないかと思います。

昨年放映されたものでは、最初は通常通り舞台に登場していた大鼓方の河村眞之介さんが、翁還りの後に立ち上がって橋掛りを幕際まで進み、ここから大鼓を打ちながら舞台に入って常座から目付近くまで出、打ちながら下がって座に着きました。
いや、何も聞かされずにこれを観たら驚いたでしょうね。
話は余談にそれましたが、式能の翁の鑑賞記は以上ということで・・・
(71分:当日の上演時間を記しておきます。今回は翁付きですので脇鼓が退場し幕に入ったところまでとしました)
スポンサーサイト

粟谷能の会を観に行く

病み上がり、ってことになるんですが、今日は前々から楽しみにしていた粟谷能の会へ出かけました。
昨年秋の粟谷能の会のパンフレットに、次回三月の番組として邯鄲と隅田川が記されていたのを見たときから、これは行かずばなるまいと思っていた一件。

もちろんマスクしてますが、インフルエンザは治っても、この時期、花粉も心配なんですよね。毎年、この時期は出張ないし観能で東京に出かけ、その年最初の花粉症の発症をみるっていうのが、パターンになってます。

それはさておき、明生さんの邯鄲、これは傘之出の小書き付き。万作さんシテの狂言「鶯」をはさんで、能夫さんの隅田川と、ね、観に行きたくなるでしょ。

見所は満席でした。金春や金剛の例会だと空席が多いんですけどねぇ。
入り口の扉に「拍手は囃子方が入るまでしないでほしい」との注意書き。好感持てます。きちんと書いてあった方が気持ち良いですし、見所も迷わなくて良いと思うんですね。今回は特に、この囃子方が入るまで拍手をしないというのが効果的だった気がしますが、その話はいつか鑑賞記の中で。

邯鄲のアイは萬斎さん。渋い演技でした。
邯鄲の間狂言は狂言口開に始まり、要所をしめる重要な役ですが、傘之出の小書がつくと最後がまたさらに重要な役どころになりますね。
どうかして、邯鄲って「楽(ガク)」あたりからずっと息を詰めてみてしまって、苦しい観能になってしまいます。でも緊張するんですよねぇ。楽の途中あたりから、なんだか時間が歪んでくるような気がしてしまいます。

隅田川は、正直のところ、ひっさしぶりに本当に隅田川らしい隅田川を観たって感じです。ホントに能夫さんの能って深いんですよね。前回の粟谷能の会は石橋でしたので、今回は「能を観たぁ」としみじみ感じた次第。

隅田川に子方を出すべきか、古くから議論のあるところですが、貴成クン、今回は良かったです。「母にてましますかと」を地謡が謡う喜多の形の方が、これを子方に謡わせる観世より良い感じです。
さらに今回はなんといっても地謡。友枝昭世さんの地頭で、特に子方が出たあたりからが出色でした。地謡で泣きそうになった。

鑑賞記は、・・・しばらく先ですね

鶴亀 松野恭憲(第48回式能)

金剛流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 松野恭憲
  ツレ 種田道一 豊嶋顕嗣
  ワキ 宝生欣哉、アイ 吉住講
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 金春國和、笛 一噌隆之

鶴亀って、観世流では大方の場合一番最初に習う謡なんですが、他流ではどうなんでしょうか。一番最初に習うというのは、まず構成が簡単で、そして全部がツヨ吟だけで出来上がっているため。とりあえず謡ってこんなものなんだ、というのを身につけるには手軽だといういうことでしょう。
たしか宝生はヨワ吟なんだそうで(もちろん全曲がというわけではありませんが)、宝生には曲入というクリ・サシ・クセが入る小書があるようですが、これもヨワ吟っていうことと関係あるのかも知れません。

まあそういうわけで、謡としては極めてポピュラーなんですが、能として観る機会はそれほど多くないような気がします。
昔、先生にうかがった話では、江戸時代に殿様がとりあえず演能するような場合に、それほど難しくなくて、まあまあ格好がつくということで良く演じられた曲ではないか、といったことでした。

シテの謡もあまり多くありませんし、大半は床几にかかったままで、最後に楽を舞ってキリになるという具合。それでいて、ツレ鶴・亀(子方の場合も)が太鼓入り中ノ舞を相舞するなど、全体としては簡潔ながらも変化のある構成になっています。
そしてなんといっても、シテはきらびやかな袷狩衣に半切、唐冠の堂々とした異国の皇帝姿で、なんといっても直面。私、この直面っていうのが重要なんではないかと思っています。舞っているのは間違いなく私です・・・って意味でも

曲の流れに沿っての記録はまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引

鶴亀のつづき

まず後見が作り物の一畳台を持ち出し、大小前に据えて引立大宮を立てます。金春流ではワキ座に据えますが、その方が古い形なのかも知れません。

準備が整うとアイの官人が登場、いわゆる唐人の姿で常座で名乗り、御代を讃え月宮殿への行幸を触れて退場します。
すると真ノ来序が奏されて、シテがワキ、ワキツレの臣下を従えて登場してきます。シテが舞台に進むと、ワキ、ワキツレは橋掛りに下居して控える形。シテは常座から正中へ進み振り返って一畳台に上ります。ワキ、ワキツレは立ち上がってワキ正側に並びます。(確かに引立大宮がワキ座にあった方がこの配置だと収まりが良さそうな気もします)
シテが台上の床几にかかり、「それ青陽の春になれば」と謡い出します。

年頭に当たって元旦の節会を見せるという趣向。
シテの謡を受けてワキが「不老門にて日月の、光を天子の叡覧にて」と続け、シテとワキの掛け合いの謡が続きます。
実は・・・という程たいした話でもありませんが、この部分、たぶん観世流だけがシテと地謡の掛け合いなんですよね。まあこの曲の素謡を稽古していた頃は、他流がどうこうなんて考えていなかったので、特段関係なかったんですけどね。

ともかく松野さんと欣哉さんのそれらしい重々しい雰囲気の掛け合いが続き、地謡が「庭の砂は金銀の」と宮殿の壮麗な様子を謡います。
私自身、一番最初に習った謡がこれでして、しかも最初にこの「庭の砂(イサゴ)」から始めました。ちょっと三十年以上前にタイムスリップ。

それはさておき、ワキが進み出て「いかに奏聞申すべき事の候。毎年の嘉例のごとく。鶴亀を舞はせられ。其後月宮殿にて舞楽を奏せられうずるにて候」と奏聞します。
これに対して観世流ではシテが「ともかくも計らい候へ」と、帝王らしくもったいをつけて謡うのですが、どうも各流ともこのシテの謡は無いようですね。

ワキの奏聞が終わると出端が奏されて、ツレの鶴亀の登場となります。ワキ、ワキツレはワキ正側からワキ座へと移って下居。
このつづきはまた明日に

鶴亀さらにつづき

実は出端を奏さず、庭の砂の地謡のうちにツレが出てしまう演出もあり、ものの本ではこちらの方が一般的なような書き方がされているものもあるのですが、私が見た限りではみな出端を奏していました。

さて鶴と亀は「子方ないしツレ」ということで、子方の場合もあるのですが、今回も(というのも私個人的にはなぜか大人のツレが鶴・亀を舞うのを観た方が多いようで)ツレが登場。
出端の囃子で橋掛りまで二人が出ると、地謡が「亀は万年の齢を経、鶴も千代をや かさぬらん」と拍不合の一セイを謡ってツレの相舞に入っていきます。

ともかく鶴・亀の二人による相舞。
鶴は紫の長絹に白大口で可憐な女性の姿。亀は金地のような単衣狩衣にやはり白大口で、邯鄲男かなあもう少し弱々しい感じもするのですが、ともかくこちらは男性姿で白垂ですが面とのアンバランスが亀といえば亀なんでしょうね。
天冠に鶴と亀の立て物を載せています。
太鼓入り中ノ舞ですがかなりテンポが速く、軽い感じです。舞遊ぶっていう雰囲気なんですね。

さらに舞い上げるとつづく大ノリの上歌「千代のためし数々に」に合わせて舞う形。
「一千年の 齢を君に 授け奉り」と左右からシテを拝礼し、立ち上がって地謡前に下居します。
地謡の調子が変わり「君も御感のあまりにや 舞楽を奏して舞ひ給ふ」で楽。
まずは床几に座したまま答拝して楽に入ります。笛を聞きつつ台上で立ち上がって舞い始め、笛の譜がルラー、ルラーと二度繰り返す二度目のルラーで台を下りて舞台上で舞を続けます。
楽の型は記載しませんが、皇帝に似つかわしい大振りな舞で貫禄ある松野さんらしい舞でした。

楽を舞い上げると、ノリ地に合わせて舞い続け「官人駕輿丁御輿を早め」で正先で左右、両袖を巻き上げ、常座に向かい小廻りして袖を下ろし、サシ込みヒライて留拍子を踏みました。めでたい雰囲気のでた舞台でした。
(54分:当日の上演時間を記しておきます。今回は次の昆布柿のために囃子方が残ったため地謡が入ったところまでの時間です)

昆布柿 野村萬(第48回式能)

和泉流 国立能楽堂 2009.2.17
 シテ 野村萬
  アド 野村扇丞 野村万禄
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 金春國和、笛 一噌隆之

脇狂言は昆布柿。この曲、あまり上演されないと思いますが、大藏流では廃曲になっていて和泉流だけが演じるとか。

当日のパンフレットに従って、萬さんが上段に書かれていたのでシテ、下段に並んで名前の出ていたお二人をアドとしてみたのですが、役どころは萬さんが奏者で、扇丞さんが淡路の百姓、万禄さんが丹波の百姓です。
和泉流の本ではシテが丹波の百姓、アドが淡路の百姓、奏者は小アドとされているようなので、シテ・アド・小アドと全部が入れ違った形です。
このあたりは新春名作狂言の会の鑑賞記でも書いた通り、狂言でシテとかアドとか分類するのにどれほど意味があるのかなあ、とも思うところ。そういうわけで、今回もシテ・アドではなく、いささか長くはなりますが「奏者」「淡路の百姓」「丹波の百姓」と役名で記載します。

さて、まずは淡路の百姓が登場してきます。上頭(ウエトウ)に年貢を持って上がる訳ですが、淡路柿を捧げると常座で名乗ります。都に上る途上くたびれたので、このあたりで少し休み、似つかわしい者が通ったならば同道しようということにしてワキ座前にいったん着座します。
代わって登場した丹波の百姓は、昆布と野老(トコロ)を持って出たと言って、やはり都へ上ろうとこ歩き始めます。二人とも装束は狂言袴に掛け素袍という、脇狂言のお百姓さん定番の形。

さてこの後どうなるのか、このつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引

昆布柿のつづき

さて登場した丹波の百姓に、淡路の百姓が立ち上がって声をかけます。
「わごりょはどれからどれへ、お行きゃる」との淡路の百姓の問いに、丹波の百姓は「身共は用を前に当てて、後から先へ行く者でおりゃる」と答えます。

また随分と木で鼻をくくったような答ですが、淡路の百姓は「用を後に当てて、先から後へと行く者はない」などと切り返して、再びどこへ行く者かと尋ね、ともに都に年貢を持って上がる者と明らかになって、同道することになります。

二人は連れだって歩みを進め、橋掛りに入り三ノ松あたりまで進んでから戻りつつ、一ノ松で「はや都に着いた」ということになり、淡路の百姓が「身共が上がるお館はこれじゃ」と上頭の館に着いたことを述べます。

丹波の百姓は「身共が上がるお館はまだづっと上でござる」と言い、それならば帰りにまたここにて待ち合わせ、最初に出会ったところまで同道しようと、二人約束して別れを惜しみつつ「さらばさらば」と言い合いますが、さて丹波の百姓は「とは言いたけれども、身共が上がるお館もこれでござる」と、なんと同じ館へ上がるもの同士だったことがわかります。

二人のやり取りなどやや詳細に書きましたが、このあたりまでの話は餅酒や筑紫奥などと同様でして、二人のお百姓が年貢を納めに都に上るという脇狂言のジャンルとしては、良くあるパターンなんですね。
年貢を納めるというのは、百姓の方にとっても領主にとっても大変重要なことであって、だからこそ脇狂言に同様の曲が何曲も残されているんだろうと思います。
重要であり、かつそれをし終えるとお百姓にとっても、領主にとっても実に目出度い。まさに脇狂言とする意味があるということでしょう。
とは言え、いくら目出度いと言っても同じ話ばかりでは飽きもしましょうから、少しずつ趣向を変え、さらに少々詳しく書いたように、ちょっとした笑いをその中に込めていこうということだったのだと想像しています。

さて二人して同じ屋敷が目的地とわかり、まずは淡路の百姓が案内を乞います。
この後どうなるか、もう一日続きます

昆布柿のつづき

淡路の百姓は奏者を探して舞台へ入り、蔵の前へ納めよとの指示を受けて正先へ進んで年貢を上げた形で一ノ松へ下がり、代わって丹波の百姓がやはり奏者に案内を乞いつつ年貢を納めます。二人とも年貢を無事納めたと大喜びをするところが、まさにこうした曲の意味するところなのでしょうね。

さて奏者が正先へ出て、正面に領主が居るような様子で何事が承わり、二人の百姓に中に入るように促します。山川を隔てた淡路と丹波のお百姓が、たまたま同じ日の同じ時に上ったので、領主も大変喜んでいるおり、二人して年貢によそえて歌を一首詠め、と言い付けます。

これに答えて「今年より 所領の日記かきまして 喜ぶままにところ繁昌」と柿、昆布、野老を詠み込んだ歌を二人が詠み、これに喜んだ領主が萬ぞう公事を赦免すると奏者が告げます。この展開も筑紫奥などとと基本的に同じで、献上物が違うだけといったところです。

淡路と丹波の百姓に、奏者は酒を勧め、それぞれの名を問います。
これにまず淡路の百姓が「問うて何しよ」と答えて一騒動。実はこの「問うて何しよ」が淡路のお百姓の名前ということで、妙な名だと奏者が感心します。

次に丹波のお百姓が問われて、「栗の木のぐぜいに たりうだにもりうだ もりうだにたりうだ ばいばいにぎんばばい ぎんばばいにばいやれ」と、寿限無のような長い名前を返します。

奏者は、こんな名前は長くて覚えられないので直接申し上げるように、と言い、一問答あった後に、奏者が小拍子にかかって問いかけ、これに二人も拍子にかかって返答することになって、三人が謡うように名前を唱えます。

これに囃子が合わせて留めになりました。
さて脇狂言では囃子が入る場合も入らない場合もありますが、今回のように翁付きで脇狂言にも囃子が入ると、囃子方の皆さんは二時間半以上も舞台上ということになります。笛方と太鼓方はずっと座ったままですね。いや本当にお疲れ様でした。
(30分:当日の上演時間を記しておきます)

田村 大村定(第48回式能)

喜多流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 大村定
  ワキ 福王知登、アイ 大藏千太郎
   大鼓 柿原崇志、小鼓 亀井俊一
   笛 内潟慶三

昨年は中村邦生さんのシテで白田村を拝見しましたが、今回は小書無しの田村。
しかし考えてみると、ここ数年の間に観た田村は小書ありなし含めて、喜多流と金春流のみ。上掛りの田村はしばらく観ていません。たまたまではありますが、こんなこともあるんだなあというところ。

さて舞台は先ずワキ、ワキツレの登場。
次第で登場して舞台中央に向き合って次第を謡います。さらにワキの名のりから着キゼリフ。春たけなわ、桜が満開の清水寺にやってきます。道行を謡わないのは福王流のせいですかね、それともこの日の演出なのか、ちと不明ですが「頃もはや弥生半ばの春の空・・・」という道行の上歌は省略されました。
福王知登さんは茂十郎さんのご次男、まだ三十歳前の若手ワキ方ですが堂々としたもの。ワキが墨染めの衣のような薄い鼠系の水衣、一方のワキツレは青緑系の水衣で、下掛り宝生ではあまり見かけない組み合わせのような気がします。

さてワキの一行がワキ座に着座すると前シテの出となります。
一声で登場しますが、右手には箒を持った花守の童子。一ノ松で一セイ「おのづから 春の手向となりにけり 地主権現の花ざかり」と謡います。緑の水衣の下に目の覚めるような緋色の縫箔を着けています。緑と赤の対比が目に焼き付く感じです。

実は一セイの後、サシ・下歌・上歌が省略されて、いきなりワキの問いかけになりました。昨年の白田村もこの部分が省略されましたが、今回は小書無しなので、どういう理由なのかふと考えたところです。本当はこの部分のシテの謡も風情あるものなのですが・・・
このつづきはまた明日に

田村のつづき

上掛りの本では「いかにこれなる人に尋ね申すべき事の候」とワキが呼び掛け、シテが返事をして、と順序立てていますが、下掛りではこの最初のやり取りが省略されて、童子に「花守か」といきなり尋ねる形です。
大した違いではありませんが、こうした詞の部分は曲によっては上掛りと下掛りで、詞章が違ってきますね。

問われたシテは清水寺の由来をワキに語ります。
ここも上掛りと下掛りで微妙に詞章の違うところです。
大和の国の沙門が正身の観世音を拝もうと淀川(上掛りは木津川)を尋ね上がって行叡居士という老翁に出会い、この行叡居士が大伽藍を建立すべしと行って東へ飛び去ったという基本は同じですが、下掛りではこの行叡居士がその地に住んで七百歳となっていたこと、行叡居士の事を聞いた坂の上の田村丸が伽藍を建立し、千手の仏像を作り据えて、都鄙安全の尊容としたことなどが合わせて語られます。

このシテ、ワキの問答に続きさらに名所教えとなります。南に清閑寺と笛柱の方角を見、北に鷲尾の寺と目付柱の方を見やります。そこから目を転じ、「や、まずご覧候へ。音羽の山の嶺よりも出でたる月の輝きて」と幕の方を見やって、月の出を愛でるところ。地主権現の桜が月光に映えます。

シテ、ワキの掛け合いの謡から「春宵一刻値千金、花に清香月に影」と同吟の謡。春の長閑な雰囲気と、月に映える桜の美しさが謡われます。

この曲、前後にクセがあり、この後はクセの舞になります。
クセを舞終えるとロンギでワキがシテの名を尋ねますが、シテはハッキリと答えないままに田村堂に姿を消した・・・と中入りになります。「内陣に入らせ給ひけり」と謡いっぱいで一ノ松あたりにまで進み、そのままの退場です。

アイ千太郎さんの居語りは、清水寺門前の者で、ワキの尋ねに応じて清水寺の縁起を語り、さらに田村丸の供養を勧めて下がります。
このつづきはまた明日に

田村さらにつづき

アイが下がるとワキの待謡。桜の木陰で夜通し法華経を読誦すると謡います。

これに引かれて一声で後シテ田村丸の霊が登場してきます。小書がありませんので常の形で袷法被に半切で、甲冑を帯びた姿を現した形。
常座でサシ込み、開イてワキの供養に感謝すると一セイ、サシを謡います。

ワキは、花の光に輝いて現れたシテの姿に、いったい誰なのかと問いかけます。
シテは舞台に進み、坂上田村丸の霊であることを明かして「勢州鈴鹿の悪魔を鎮め」で床几にかかります。

後場のクセ、前半は床几にかかったままで、馬上にあることを表す形。「関の戸ささで逢坂の」と幕の方を指し、また「石山寺を伏し拝み」と目付に向けて合掌するなど、謡に合わせた所作があります。
「勢田の長橋ふみならし」と正面に橋を見込む形を見せて少し腰を浮かせます。
戻して「すでに伊勢路の山近く」と謡った後、「弓馬の道も先かけんと」で立ちあがり、舞になります。

クセを舞い上げるとカケリになりますが、これは修羅道の苦患を示すような感じではなく、ただただ武将の勇ましさが強調される感じ。

そして「いかに鬼神もたしかに聞け」とキリに繋がってきます。「千方を捨つれば忽ち亡び」と目付へ出て、開ク型から地謡の「ふりさけ見れば伊勢の海」で足拍子を踏み、舞台を廻りキビキビとした舞を見せます。
「数千騎に身を変じて山の如くに見えたる所に」と大小前から小廻りし、左袖を返して雲の扇。綺麗な型です。

千手観音の出現に「千の御手ごとに」と目付で扇を左に取り、「大悲の弓には知恵の矢をはめて、一度放せば千の矢先」と常座から羽根扇で千の矢が射られた様を表します。
勇ましい動きとともに、観音の仏力が示されて、留となりました。

ところで以前書いたような気もするのですが、江戸時代の笑い話に、能の大夫に対して男が「千の御手に弓矢を持てば、千の矢先ではなく、弓も矢も五百ずつではないか」と問いただしたところ、大夫騒がず「ご不審はもっとも。さればこそ、その前に『あれを見よ不思議やな』と書いてある」と答えたという話があります。
(75分:当日の上演時間を記しておきます。次の蝸牛のため囃子方が残ったので、地謡が入るまでの時間です)

5万ヒット御礼

昨日は横浜まで出掛けておりまして、帰ってきたのが日付が変わりそうな時間だったため、更新をお休みしました。

そんな訳で、一日飛んで本日更新しようと思ったところ、アクセス数が50000ヒットを越えておりました。
このブログの一番古い記事は、2006年3月5日の日付になっているので、ほぼ2年ということになりますが、実は2006年の6月にこのFC2に引っ越ししてきまして、3月から6月の記事を後から更新したため、本当は2年にはまだ届いていないんですね。

まあ、いずれにしてもこれまでご来訪頂いた皆様、ありがとうございます。
このところ、けっこう忙しいのですが、それでも月に一度や二度なら能を観に行く暇もありますし、なんとか鑑賞記も書けるので、いばらくはこのブログも続けていけそうです。

引き続き、よろしくお願いします。
感想などありましたら、コメントいただけると嬉しいです。

蝸牛 大蔵吉次郎(第48回式能)

大藏流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 大蔵吉次郎
  アド 善竹十郎 大藏教義
   大鼓 柿原崇志、小鼓 亀井俊一
   笛 内潟慶三

極めてポピュラーな狂言の一つですが、これまたこのブログでは初登場。
終曲の「でんでんむしむし」という囃子物は妙に耳についてしまい、この曲を観るとしばらく離れなくなってしまいます。

さて登場するのはシテ羽黒山から出た山伏。今回は田村から引き続いて囃子が残り、次第を奏して、シテの登場となります。次第といっても、もちろん能の次第とはいささか異なった狂言次第ですが、省略されることの多い狂言次第を奏したあたりが、式能らしいといえば式能らしいということでしょうか。

狂言次第で登場したシテは次第を謡って、自らの行力を自慢します。
この次第の謡「三つの峯入り駆け出なる 三つの峯入り駆け出なる 行者ぞ尊かりける」とか「大峰かけて葛城や 大峰かけて葛城や 我本山に帰らん」などと謡われますが、今回は「旅寝の衣は 露げて・・・云々」と違う謡でした。ただし残念ながら良く聞き取れませんでした・・・

常座で次第に続いて名乗ったシテの山伏は、舞台を一回りして常座へ戻り「空飛ぶ鳥も落とす」と、正中で上を見ながら出て、正先へと落とす形をします。
その後、眠くなったといって、大きな藪の中に入って寝ることにし、笛座の前あたりに横になります。

するとアドの主善竹十郎さんが出、常座で名乗った後、祖父(オオジ)の長生きを願って蝸牛を進上したいので取りに行かせようと太郎冠者を呼びます。
さてこのつづきはまた明日に

蝸牛のつづき

そして太郎冠者に蝸牛の特徴を教えるのですが、これが、頭の黒い、腰に貝を付け、折々は角を出し、大きいのは人ほどもあるという内容。

これを聞いて出掛けた太郎冠者は、藪の中に寝ている山伏を見つけ、黒い兜巾を着けているため頭が黒いという特徴が一致していることから、もしや蝸牛ではないかと起こします。

立ちあがった山伏、これは愚か者の様子なので嬲ってやろうと蝸牛になりすますことにします。
腰に貝があるか、と問えば、法螺貝を示し、角は篠懸を両手で持ち上げて示します。

すっかり蝸牛であると信じた太郎冠者が、ぜひとも主のもとへ来てくれと頼むと、山伏は囃子物で行こうと言い、太郎冠者に「雨も風も吹かぬに出ざかま打ち割ろう、出ざかま打ち割ろう」と囃させ、自分は「でんでんむしむし でんでんむしむし」と言いながら舞います。

これを繰り返して興じていると、帰りが遅いのに心配した主人が一ノ松に立って、舞台に入り、二人の様子を見て、太郎冠者に「あれは蝸牛ではなく山伏だ」と教えます。が山伏が誘うと太郎冠者はまたまた囃子物につり込まれてしまいます。

二度ほど繰り返した後、太郎冠者は主人と山伏に打ちかかりますが、今度は主人までもが囃子物につり込まれてしまい、囃子物を続けながらの退場。
頭の中には「でんでんむしむし」が鳴り響いているという次第でした。

しかし、このところつくづく思うのですが、吉次郎さんの狂言というのも独特で「楽しい狂言」とでも評したら良いのでしょうか、不思議な魅力があります。
太郎冠者の教義さんと主人の十郎さんに囃しかけるあたり、なんとも楽しそうに見えました。
(29分:当日の上演時間を記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引

秀麗会を観に行く

久しぶりに金春流本田光洋さんの会、秀麗会を観に出かけました。今回は光洋さんシテの実盛と、ご子息布由樹さんシテの紅葉狩。狂言は万作さんの寝音曲で、ほかに仕舞が四番という番組です。

国立能楽堂は三分の二くらいの入りでしょうか。金春や金剛の会だと、どうしてもこんな感じなんですよねぇ。先日の粟谷能の会が満席だっただけに、ちょっと考えてしまいます。もう少し金春・金剛も、ご覧になる方が増えると良いのですが。

さて実盛は本田さんらしい舞台で、老武者の生き様・気概ってこんなだろうかと、しみじみ感じたところです。特に前場での謡が実に深くて・・・いや節付け自体がむちゃくちゃに難しいんですが、本田光洋さんの謡はいつもながら深い謡で、特に今日の前場は力みの抜けた深い味わい。すっかり引き込まれたところです。

金春の紅葉狩は山井綱雄さんのシテでも観ていますが、どちらかというと地味な金春流ではあるものの、前場の中ノ舞が途中から位が変わったり、後場では舞働からキリへと激しい動きが見られたり、動きのある曲ですので、楽しく拝見いたしました。

寝音曲ですが、そういえば最近とんと観ていませんでしたけれども、これまたなかなか面白い曲で、万作さんのシテでも観ていますが何度観ても面白い。玉ノ段熱演でしたね。

仕舞は鬼頭尚久さんが田村のキリで、桜間金記さんが鵜ノ段。本田さんのご長男芳樹さんの杜若キリと宗家安明さんの山姥キリ。金記さんの鵜ノ段が印象的でした。これはやはり轍の会も行ってみようと思う次第です。

それにつけても、この時期の観能は花粉症のリスクとの戦いですが、毎夜の鼻うがいとマスクなど対策のおかげか、無事に帰って参りました。めでたしめでたし。

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引

胡蝶 観世喜之(第48回式能)

観世流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 観世喜之
  ワキ 高安勝久、アイ 高野和憲
   大鼓 安福建雄、小鼓 幸正悟
   太鼓 金春惣右衛門、笛 一噌仙幸

休憩を挟んで、式能の二部は観世流、観世喜之さんの胡蝶から。以前にも書きましたが、特に複雑なストーリーがある訳でもなく、蝶の精が梅花に戯れる舞という、まあ可憐さを表現できるかどうかがこの曲のポイントというところ。

梅花というのは、蝶が四季折々に様々な花と舞遊ぶものの、早春に花を開く梅とは縁がないことを嘆くというのが背景になっています。
正直言って、どうでも良いって言えばどうでも良いような話なのですが、昔の人は情趣豊かだったんでしょうね。

さて後見が梅の立木台の作り物を正先に出し、ワキの登場となります。次第で登場し、常座で斜め後ろを向いての次第謡。
・・・高安流ではこの曲にワキツレを出さないのでしょうか。観世の本ではワキツレ従僧が出ることになっているのですが・・・そういえば宝生流、下掛り宝生流の組み合わせでもワキツレが出なかったような記憶もあります。
ともかく次第で登場したワキ吉野山の僧は、都の見物は初めてという設定。吉野から奈良を経て京都に着いたと道行を謡います。

ワキが正面を向き、一条大宮の由緒ありそうな古宮がある旨を述べ、作り物の立木台を見込んで、御殿の階段の下に梅の花が今を盛りと咲いていることに気付き、立ち寄って眺めようとワキ座へ向かいます。

このワキに幕からシテの里女が呼び掛けます。
いったん一ノ松で立ち止まり、内裏近い古宮に、古の梅の盛りには公卿殿上人が詩歌管弦の御遊を催した所と語って、舞台に入り常座へと進み出ます。
さてこのつづきはまた明日に

胡蝶のつづき

ワキはシテに名を問いますが、しかとは答えずに古歌を引いたりして謡がつづきます。
喜之さんの能を観るのは久しぶり。この前は養老だったかなあ。先代の喜之さんとは芸風が違って、繊細な感じを受ける方。もともとお声もキーが高めなのでこういう曲には似つかわしい感じもします。
「海士の子なれば宿をだに定めなき身や恥ずかしや」と面をやや伏せて佇む形に風情があります。

ワキが、この宮の謂われをなお詳しく語ってほしいと求めると、シテは自ら人間ではないと語り、草木の花に心を染め梢に遊ぶ身であるのに、梅の花に縁なきことを嘆くとシオリつつ正中へ出て下居。

続くクリ・サシで、シテは、自分は胡蝶の精であるが、春夏秋の花々には戯れるけれども、早春の梅花には縁がないので、法華経の功徳にすがりたいと述べた形になり、クセへと展開します。

前場のクセは居グセ。荘子にみえる胡蝶の夢の故事などを引き、謡が展開します。
そして「人目稀なる木の下に」で立って、二足ほどワキに詰め「宿らせ給へ我が姿、夢に必ず見ゆべしと」と夢の中での再会を約し、やや面を伏せて思いを見せる感じから、直して静かに中入りとなります。送り笛に風情があります。

代わって登場するアイは所の者。
ワキが問いかけるのに答えて、この一条大宮は、その昔に光源氏が御遊を催した場所であり、階段の下の梅が見事であることを語ります。
さらに、胡蝶はある年、一度だけ遅く咲いた梅に戯れたものの、その後は梅に縁がなく、それを嘆いていることなどを語ります。

語り終えたアイが退くとワキの待ち受けとなりますが、このつづきはまた明日に

胡蝶さらにつづき

ワキの待謡は、胡蝶が夢に現れるのを待って、梅の木の下で仮寝すると謡い、後シテ胡蝶の出を待ちます。高安流のせいなのか、この謡、節付けが不思議な感じです。あまり聞き慣れないからなんでしょうか。

登場した後シテ胡蝶の精は、長絹に胡蝶の天冠をつけていますが、優美というより愛らしい雰囲気を出そうとした感じ。
一声で登場し、常座でサシを謡います。この謡で法華経の功徳で成仏を果たし、梅花にも戯れることが出来た喜びが謡われます。

ワキとシテの問答から、今は望みが叶い梅の花と隔てない身となった胡蝶の喜びが謡われ、「花に飛びかふ胡蝶の夢の、袂も匂ふ気色かな」と長絹の褄を取って一回りし、サシ込みヒラキから答拝して舞になります。

舞は太鼓入り中ノ舞。胡蝶の精という人ならぬものであるため、太鼓が入って異界からの到来を演出する形です。
以前このブログでも触れた宝生流や、金春、金剛流では中ノ舞を舞い上げた後にさらに破ノ舞が入りますが、観世では破ノ舞は入らず、キリの大ノリの地に乗って舞い続ける形。
「姿を消すや春の夜の」で橋掛りへ進み、「明け行く雲に」と一ノ松で左袖を返し、幕際まで進んで三ノ松でヒラキ、、春の曙の霞に紛れて消え失せたと袖を返して留拍子を踏みました。
このキリの部分はなかなかに趣あって、良い感じでした。

喜之さんの演能を観たのは久しぶり・・・そういえば九皐会も暫く観に行っていません。また神楽坂にもお邪魔してみようかなあ。
(71分:当日の上演時間を記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引

文荷 野村万作(第48回式能)

和泉流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 野村万作
  アド 野村万之介 石田幸雄

万作さんの文荷は1月の檀の会で見ていますので、鑑賞記は省略しようかと思ったのですが、アドが代わるとまた雰囲気が違ってくる部分もあり、まさに鑑賞記ということで、印象の違いなどを書いておこうと思います。

シテ太郎冠者は万作さんで変わりませんが、次郎冠者が前回は万之介さん、主が高野和憲さんでした。今回は次郎冠者が石田さんになり、万之介さんは主。
万作さんと石田さんが文を担うことになるわけですが、文を次郎冠者の方に寄せたために、次郎冠者が「急に重くなった」と振り返って言い合いになる部分や、二人して交互に文を読み、とうとう破ってしまうあたりなど、二人の掛け合いの調子が良く、展開がトントン拍子に進む感じがします。

この二人のやり取りと、主人として登場してくる万之介さんの、いささかとぼけたような雰囲気の対比が面白いところ。
前回は高野さんの主人がキビキビとした動きの一方、次郎冠者の万之介さんが、これまた妙にとぼけた味わいがあって、これはまた別の意味で面白かったところでした。

同じ曲を、同じ家の方々で観るというのは、正直のところあまり多くないのですが、配役が入れ替わると、思いのほか印象が変わるということで、書いてみました。
(23分:当日の上演時間を記しておきます。これは前回と全く同じでした)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引

小督 櫻間金記(第48回式能)

金春流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 櫻間金記、ツレ 山中一馬、トモ 政木哲司
  ワキ 村瀬純、アイ 山本則孝
   大鼓 大倉三忠、小鼓 観世新九郎
   笛 中谷明

金記さんの能も久しぶりです。
さてこの小督という曲、ご存知の通り、平家物語巻六「小督」をそのまま能化したもので、平清盛に憎まれて姿を消してしまった小督を探しに行くように、高倉院の臣下から宣旨を伝えられた仲国が、嵯峨野に駒を走らせて小督をを探し出してくるという話。

もっとも仲国といえば宇多源氏、源仲国を思い浮かべるのですが、平家物語には弾正少弼仲国と書かれていて、源仲国かどうかは特定できません。謡曲では弾正大弼になっていますが、官位からしても、あるいは笛の名手とされることにしても、源仲国にはうまく当てはまらないらしく、昨今、この仲国というのが誰だったのか、色々と考証されているようです。
ですが、ここでは劇中人物の大弼仲国ということで、とりあえず能の展開の方へ話を移してみます。

以前、銕仙会の清水寛二さんの観能記でも書いたとおり、この能、場面展開がいわゆる複式能よりも複雑になっていまして、大きくは三つの場面に分かれる感じです。
このうち、シテの中入りまでが序のような作り。まずは名ノリ笛でワキの高倉院の臣下が登場してきます。
ワキは紺地の狩衣に白大口、洞烏帽子の姿で常座に進み、小督の局が姿を消してしまい高倉院がお嘆きだが、嵯峨野のあたりに隠れ住むと聞かれて、弾正の大弼仲国に探し出すようにとの宣旨下されたので、これを伝える旨を述べます。
このつづきはまた明日に

小督のつづき

ワキは「唯今仲国が私宅へと急ぎ候」と一ノ松へ進み、幕に呼び掛けます。するとシテ仲国が登場。
観世流は前後場ともシテは同装で単狩衣に白大口を基本としますが、他流は前後で装束を替えるのが基本のようで、今回は風折烏帽子に黒色系の直垂上下の姿。ワキの呼び掛けに「御前にて候」と幕から出て答えますが、ワキの「宣旨にて候」の言葉に下がって下居、両手をついて宣旨を承ります。

ワキは、小督の局は嵯峨野の片折戸のある家に住まいすると告げ、シテは今宵は八月十五夜、小督の局は琴を弾くに違いないので、琴の音を頼りにしようと答えます。
さらにワキは「この由奏聞申しければ」と舞台に戻り、常座で両手をついて高倉院に報告する形。何事か賜った風を見せて「寮のお馬を給はるなり」とシテに向って、左手を挙げて拝し、馬を給わったことを伝えます。

シテは「時の面目畏つて」と謡い出し、地謡の「やがて出るや秋の夜の・・・」と立ち上がります。ワキは地謡前に着座しますが、シテは「月毛の駒よ心して」と三ノ松で馬を給わった形から「急ぐ心の行方かな」と急ぐ心を示してそのまま中入りとなります。
観世流では一度シテが舞台に入り、常座で正面を見据えてから中入りしますが、金春はほとんど幕前あたりに居たままの形ですね。

中入りすると後見が片折戸の作り物を正中のあたりに斜めに据え、左右に柴垣を広げます。
この並べ方は各流それぞれのようですし、作り物を出さない演出もあるようです。また観世流では恐之舞の小書がつくと常とは違った置き方となりますが、今回はまず後見が本幕から片折戸を、切戸口から柴垣を出し、片折戸をほぼ大小前に、戸を内側(ワキ座側)に開いた形に置きました。柴垣は五枚、片折戸から笛座側にかけて二枚、片折戸から目付柱側にかけて三枚を並べた形です。
稚拙ですが、イメージ図を載せておきます。(クリックすると拡大します)

小督


このつづきはまた明日に

小督さらにつづき

片折戸と柴垣の準備が整うと、ツレの小督とトモ侍女、アイが登場します。
銕仙会清水さんの時は片折戸を閉めて置いてあるため、ツレが戸を開けてワキ座へと進みましたが、今回は戸が開けてあるので、ツレは常座で一呼吸おいて戸を抜けてワキ座へ。トモはそのまま戸を抜けて地謡前に着座します。

続いて出たアイがいったん狂言座に着座した後、立ち上がって一ノ松で名ノリ、嵯峨野にやって来て侘び住まいをしている高貴な方と思われる女性が、琴の上手と聞いたので、今宵八月十五日、琴を所望しようと語って、片折戸の近くに進み、下居して内へ呼び掛けます。
この後、アイが立ち上がり戸を閉めて狂言座に下がると、ツレがサシを謡い、地謡が憂き心で琴弾く様を謡います。

すると一声で後シテの出。
前場では直垂で登場していましたが、後場は薄い萌葱のような長絹を肩脱ぎにし、白大口に風折烏帽子の姿で嵯峨野を馬で探す姿。
観世流だけは前後とも単狩衣ですので、後場は肩上げしただけとなりますが、他流は昨日書いた通り前後で装束を替えるのが基本。後場を単狩衣で出る場合と、今回のように長絹で出る場合とありますが、長絹の方が貴族としての仲国を強調する感じでしょうか。

長絹で出るにしても、確か宝生流では長絹の袖を内側に織り込んで肩上げの形にして出たと思いますが、この形だと馬上の凛々しさが強調される感じですね。一方今回のように肩脱ぎの形だと、凛々しさよりもむしろ貴族としての優美さが強調される感じで、金記さんの演技、謡も実にしっとりとした感じ。小督という能の印象が変わる感じがします。

鞭を持っているのが馬上にあることを示す形。いわゆる駒之段になりますが、「もしやと思いここ彼処に」で手を打ち合わせる型もゆっくりと、「駒を駆け寄せ控え控え聞けども」も耳を澄まして静かに聞く感じで、優美な雰囲気が伝わってきます。
「月にやあくがれ」と舞台に入り「琴こそ聞こえ来にけれ」と再び耳を澄ます感じ。「尋ぬる人の琴の音か」と柴垣により、下がって「何ぞと聞きたれば」と琴の音を聞きます。「夫を想いて恋ふる名の想夫恋なるぞ嬉しき」と小督の宿を探し当てますが、しっとりとした情感あふれる舞でした。
このつづきはまた明日に

小督さらにさらにつづき

シテは鞭を置き、作り物の内に声をかけ、侍女が戸を開きます。シテは戸に左手をかけて押さえて中に入り、宣旨のお使いである旨を告げます。

しかしツレは思いを見せはするものの、掛け合いの謡の後、シテは「隔て給ふや中垣の」でいったん門を出て常座へ進み、月を眺めて夜を明かそうと柴垣のもとに安座します。
シテを中に入れないままに謡が進んで、そのまま柴垣のもとに安座するという演出もありますが、どちらが良いかは意見の分かれるところかも知れません。

さてトモ侍女の勧めにツレは戸を開かせ、シテを招じ入れて宿内の場面と変わります。
シテはツレに両手をついて高倉院の嘆きを伝え、院からの文を扇に載せてツレに渡し正中に下がって両手をつき畏まります。

ツレの述懐はクリ・サシ・クセと謡でつなぎ、シテは居グセでジッと聞き入る形。
この後ロンギとなり、シテは「これまでなりやさらばとて」と謡ながら、立ってツレの前に出、ツレは扇に載せた返書を差し出します。これを懐中にしたシテは着座して名残の酒宴。

侍女の酌を扇に受けたシテは、立って「月夜よし」と謡ながら常座へ。答拝から男舞となります。
男舞も男性的と言うよりは、優美さを兼ね備えた舞。
舞い上げたシテは、ワカを謡い、ツレに礼をして駒にうち乗る風情で左袖を返し、目付へ出て拍子を踏んで常座へと向かいます。

ツレが立って二、三足出て見送り、シテは留拍子を踏んで終曲となります。
10時から見始めた式能も、このあたりで夕方六時近く。観ている方も疲れが溜まってきたところですが、その疲れを忘れるような趣深い一曲でした。
(71分:当日の上演時間を記しておきます)

呼声 山本東次郎(第48回式能)

大藏流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 山本東次郎
  アド 山本則俊 山本則重

呼声もポピュラーな狂言で、能の会ではこれももう年に一度や二度は必ずといっていいくらい、上演される曲です。が、どういう巡り合わせか、このブログでは鑑賞記を書いていないので、今回は少し丁寧に書いてみたいと思います。

なんと言っても東次郎さんの呼声ですし、楽しみにしていた曲であります。ですが、面白い曲と思うのに和泉流では長く番外曲としていたようで、復曲はされたようなのですが、私は大藏のものしか見たことがありません。

さて登場してくるのはアドの主人。実はシテの太郎冠者が暇も乞わずにどこかへ出掛けてしまい、昨夜戻ったと聞いて、次郎冠者を呼んで確かめます。
しかし詳しい事情は知らぬようなので、連れだって太郎冠者の家に出掛けます。

次郎冠者が扇をかざし「物申」と案内を乞うと、狂言座に控えていた太郎冠者は一ノ松に出て、扇をかざして「太郎冠者殿は留守でござる」と言います。
次に主人が同じように扇をかざして作り声をし、案内を乞うと、太郎冠者も作り声をして「太郎冠者殿は留守だ」という始末。

主人と次郎冠者は、太郎冠者が作り声で留守を使いおったと話合い、相談の結果、平家節で案内を乞うことにします。
このつづきはまた明日に

呼声のつづき

次郎冠者が平家節で「太郎冠者殿、内にござるか、内にござらばお目にかかろう」と案内を乞います。

これに太郎冠者も平家節で「太郎冠者殿、留守でござる。御用ござらば仰せおかれ」と答えますが、これを聞いた主人と次郎冠者はのぞき合い、笑って分かれます。

主人も次郎冠者も、もちろん太郎冠者もですが、だんだんと面白くなって次々に違う節で呼ぶところが見せ場の一つです。
今回の則俊さんの主人は、かなり早くから面白がる様子で、次郎冠者が平家節で呼び出いてみましょうと言うそばから、早くせよとせっつきます。
さらに次郎冠者の平家節に続いて、「今度はそれがしが・・・」と小歌節で呼び出します。

もちろん太郎冠者は平家節には平家節で、小歌節には小歌節で返事をするわけで、これを面白がる太郎冠者、東次郎さんの演技も楽しい。
さて今度は次郎冠者は踊り節で案内を乞い、太郎冠者もこれに答えて踊り節で返事をします。

さてこの踊り節からがこの曲の最大の見せ場で「この度は両人、浮きに浮いて呼び出いてみょう」と、主人と次郎冠者が踊り節で舞台を回り出すと、これにつられて太郎冠者も舞台に出て舞台を回ります。

確か茂山家と、大藏家もそうだったと思うのですが、主人と次郎冠者が舞台を跳ねるように踊り節で回り出すと、太郎冠者もその後を回り出し、三人がぐるぐると輪になって回る形だったと思います。

一方、山本家では主人と次郎冠者が舞台右半分、ワキ座側で回り、太郎冠者はワキ正側で回り、それぞれが別に回る形。しかも最初からかなりのハイスピードでした。
最後は太郎冠者が主人や次郎冠者と鉢合わせ。扇で顔を隠して「太郎冠者殿は留守でござる」と言う太郎冠者に、主人は扇を払いのけで叱責し、逃げる太郎冠者を次郎冠者共々追い込んで留となりました。
(14分:当日の上演時間を記しておきます)

嵐山 津田和忠(研究会)

観世流 観世能楽堂 2009.2.20
 シテ 津田和忠、姥 浅見重好
  子守 林宗一郎、勝手 坂口貴信
  ワキ 舘田善博、アイ 山本則孝
   大鼓 大倉栄太郎、小鼓 森澤勇司
   太鼓 梶谷英樹、笛 松田弘之

嵐山は、このブログでは昨年四月の宝生会、高橋章さんシテの鑑賞記を書いています。実はその時もアイが山本則孝さんでした。偶然とはいえ、ちょっと面白い。

それはさておき、脇能の中でも桜にちなんだ春らしい曲で、観世流では三月に配しますから、今頃の演能が多くなりますね。一昨年も二月に観ています。
桜にちなんだということで、まずは後見が桜立木台を正先に出します。宝生では石橋の牡丹のように、一畳台に桜を立てたものを出しましたが、それぞれの印象が代わりますね。
吉野の桜の種を取ったという嵐山の桜ですから、江戸時代に品種改良で出来たソメイヨシノのはずもなく、山桜なんでしょうね。作り物も八重咲きで、山桜を写したような感じです。

次第でワキ、ワキツレの登場。ワキツレは御厨さんと森常太郎さん。正中で向かい合って次第を謡います。
脇能のワキ臣下の謡って、キビキビとして私は好きです。舘田さんの謡は、やっぱり森常好さんに良く似てますよね。

名宣リの後、道行を謡った一行は、嵐山に着いたので心静かに花を眺めようとワキ座に着座します。

すると真ノ一声でシテ、前ツレの出。ツレの姥が先に立ち、杉箒を肩に担いで登場します。
シテは小格子厚板に白大口、シケの水衣で右手に萩箒を持っての登場です。宝生の時は二人とも杉箒を肩に担いでの登場でした。観世でも、シテも杉箒を持つ場合もあるようですが、萩箒と杉箒の形の方が、見たところ変化があって面白い感じがしますね。

登場したツレは一ノ松、シテが三ノ松で一セイを謡います。
このつづきはまた明日に

嵐山のつづき

シテ・ツレは橋掛りで一セイ、二ノ句から、向かい合って「春も久しきけしきかな」と謡い、舞台へ入ってツレが正中、シテが常座に立ちます。

シテ津田さんの謡は力のある堂々とした謡で、老体の感じではありません。姿は老体でも実は・・・と感じさせる雰囲気。
地謡の上歌「笙の岩屋の松風は」で、ツレは笛座前に下がり、ワキはワキ座に着座します。
シテは「実相の花盛り」と目付柱を見上げる形から、サシ込・ヒラキと謡に合わせての舞。「この日もすでに呉竹の」と幕を見込んでからワキに向かって一足ツメ、「立ちくる雲にうち乗りて」とゆらりと雲に乗るような型。萩箒を落として「南の方に行きにけり」と常座までするするとツメて、そこから来序でゆっくりと退場しました。
メリハリがあって前場はなかなかに面白く感じました。

さて囃子が狂言来序になり、アイ末社の神の則孝さんが登場です。
登場したアイの立ちシャベリは、吉野の桜の種を取って嵐山に植えた由来。子守・勝手の両神が毎日来迎あって、そのため吹く風も嵐山を避けて吹き、桜が盛りとなった様子などを語ります。
さらにその桜を見るため臣下がやって来たことから、子守・勝手の両神が人の形となって現れて言葉を交わし、末社の神まで臣下をねぎらうようにと呼び出されたので、こうしてやって来たと言い、二足ほど出ると「神通を得たゆえに」嵐山に着いたと語ります。
臣下に御礼を申すのだと言って正中に下居し、ワキと言葉を交わした風で「かしこまって候」と言い、立ち上がって常座へ戻り、三段之舞を舞います。

間狂言の三段之舞は能の中ノ舞に良く似た構成ですが、そこはそれ狂言の舞らしく剽げた所作もありますね。
囃子での三段之舞を舞い上げると、今度は「やらやらめでたや、めでたやな。かかる目出度き折からなれば、我等の様なる末社の神も現れ出でて謡い奏で、これまでなりとて末社の神は、これまでなりとて末社の神は、もとの社に帰りけり」と謡いながら舞って、退場します。
舞の後で、さらに自ら謡いながら舞うのは結構きつそうな感じがしますね。特に末社の神は面を着けているので余計にそう感じます。
さてこのつづきはまた明日に

嵐山さらにつづき

アイが退場すると、後ツレ、子守明神と勝手明神の登場になります。
下り端の囃子での登場で、登場した二人は、囃子のうちに橋掛りで左袖を返して左右打込と型を見せます。「三吉野の、三吉野の、千本の花の種植えて」と渡り拍子の地謡で、先に出た勝手が一ノ松、子守が三ノ松で所作を見せます。

昨年の鑑賞記に書きましたが、宝生流では木守(観世同様コモリと読みますが字が違いますね)は女神、勝手が男神です。一方、観世流では子守が男神で勝手が女神。
二人は地謡の「いろいろの」で舞台へ進みます。子守明神は浅葱の単狩衣に白大口の清々しい装束。黒垂に風折烏帽子をつけています。勝手明神は紫の長絹に緋の大口で天冠を戴いた形。二人とも手には桜の枝を持っています。

ツレ二人の謡い「青根が峯ここに」で向かい合い、地謡に合わせて二人の舞。「万代と囃せ囃せ神遊び」と足拍子を踏んで、後見に桜の枝を渡し、扇に持ち替えて中ノ舞の相舞になります。

男女の神なので、相舞とはいえ少しだけ型が違います。これがなかなか趣あるところ。
あらためて興味深く見ていると、ツレお二人とも良い舞姿ではあるのですが、女神勝手明神の舞がことさら素晴らしく感じられたところ。
・・・坂口貴信さん、お若い方のようですが将来が楽しみです。ちょっと調べてみると、今年一月の観世会で岩船のシテをなされた様子。ああ、これは拝見したかったなあと思う次第。機会あればシテで舞う姿を拝見したいと思っております。

さて中ノ舞を舞い上げた二人は大小前からワキ座へ進み、ワキ座から正中へ進んで幕に向かって雲扇をし、シテの登場を待ちます。
囃子が早笛を奏し、後シテ蔵王権現の登場。この曲、シテの舞事は無くて、謡に合わせて舞うだけですが、前シテから感じられた通りの力強い演技で、良い気分の観能となりました。
・・・地謡がまた良かったのですが、後列手前が関根祥人さんで、力を入れて謡う姿が印象的でした。
(84分:当日の上演時間を記しておきます)

雁礫 山本則直(研究会)

大藏流 観世能楽堂 2009.2.20
 シテ 山本則直
  アド 山本則重、遠藤博義

雁礫なんですが、これは当日の番組に書いてあった通り。私、大藏流は鴈礫と書くと思い込んでいたのですが、どうもそうでもないらしい。
大藏流の鴈盗人と和泉流の雁大名は同内容の曲で字の使い分けがあるので、こちらも同じかなと思っていたのですが、公演によって表記が様々のような感じです。

以前、このブログでは大蔵吉次郎さんシテの鴈礫を観たときの記録を載せまして、この時は番組も「鴈礫」という表記でしたので、この「鴈」の字を使いました。
まあ、どちらでもそんなにこだわる話ではないのですが、ちょっと気になったところ。

さてそういうわけで、同じ大藏流ですが、吉次郎さんの時とは「雁」と「鴈」くらいの違いがあり、興味深く拝見しました。

まずワキ柱のそばに洞烏帽子が出され、これが雁という見立て。和泉流では以前に書いた通り羽根箒を出して雁とします。

シテ大名の則直さんが、素袍上下の片袖を脱ぎ、左手に弓、右手には矢を持って登場してきます。大名とは書きましたが、常座での名乗りは「これハいずれもご存知の者でござる」というもので、「隠れもなき大名」という大名の名乗りとは違います。もしかして大名ではないのかも知れませんが、それらしい風体なので、大名として続けます。

吉次郎さんの狂言がなんだか「楽しい」感じの狂言だ、と先日書きましたが、鴈礫の際もなんとなくほわっとした、人の良さそうなというか、大名にしては頼りない雰囲気を醸し出していました。
今回の則直さんは、山本家の狂言らしい独特の・・・真面目そうなと言ったらよいか、いささか堅めの雰囲気を感じるところ。

名乗りに続いて、良い天気なので野に出て狩でもしようと言い、舞台を常座まで一巡りして、正中へ出て「野へ出た」と目的の野にやって来た様子です。
さてこのつづきはまた明日に

雁礫のつづき

野へ出た、と言って再び舞台を廻り、ワキ正で雁に気付きます。常座で弓矢を直して「射てみしょう」と正中あたりへ二、三度出て射ようとしたところに、幕が開き男が忙しげに登場してきます。

いかにも忙しげに橋掛りを進んだ則重さんが、一ノ松で雁に気付いて礫を投げ、当たったと言ってそのまま烏帽子を持って行こうとします。
ここは、弓矢で狙い定めてなかなか射ることの出来ない大名と、いかにも礫を簡単に当ててしまった男という対比を強調するためか、さして狙い定める風もなく、忙しい、忙しい、と立て続けにシャベリながら「礫を撃ってみよう、当たった」という運び。このあたりは吉次郎さんのときのアド千太郎さんと同じです。

さて、そのまま雁を持って行こうとする男を、自分が「狙い殺いた雁を持って行く」と、大名が呼び止め、雁は自分のものと言い張ります。
常座で立ち止まった男と、ワキ座あたりから呼び止めた形の大名が言い合いながら舞台を廻り、大名は弓に矢をつがえて男を狙い、男は出合え出合えと人を呼びます。

ここで仲裁人が登場。
それぞれの言い分を聞いて、雁をもう一度もとの場所に置き、大名に射させて、当たれば大名のもの、当たらなければ男のものということにします。
当然、男の方は、死んだ雁を置いて弓矢で狙うのでは「大名に有利」と抗議しますが、仲裁人は「あのおさむらいの手前を見るに、なかなか当たりそうもないによって・・・」と男を納得させて、弓矢で狙うことになります。

男が雁を再び脇柱近くに置くと、大名が目付に出てこれを狙います。吉次郎さんの時は笛座の方から狙う形でしたが、舞台の使い方が縦横逆になると、空間の印象が変わりますね。

さて大名は、弓に矢をつがえて狙うものの、だんだん近くに寄ってしまい、男に注意されながら、ようやく射たものの結局外してしまいます。
男はすぐさま雁を取って橋掛りへ向かい、大名が「片羽かひなりと置いていけ、羽箒にするぞやい」と追い込んで留になりました。
(15分:当日の上演時間を記しておきます)

 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad