FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

秀麗会を観に行く

久しぶりに金春流本田光洋さんの会、秀麗会を観に出かけました。今回は光洋さんシテの実盛と、ご子息布由樹さんシテの紅葉狩。狂言は万作さんの寝音曲で、ほかに仕舞が四番という番組です。

国立能楽堂は三分の二くらいの入りでしょうか。金春や金剛の会だと、どうしてもこんな感じなんですよねぇ。先日の粟谷能の会が満席だっただけに、ちょっと考えてしまいます。もう少し金春・金剛も、ご覧になる方が増えると良いのですが。

さて実盛は本田さんらしい舞台で、老武者の生き様・気概ってこんなだろうかと、しみじみ感じたところです。特に前場での謡が実に深くて・・・いや節付け自体がむちゃくちゃに難しいんですが、本田光洋さんの謡はいつもながら深い謡で、特に今日の前場は力みの抜けた深い味わい。すっかり引き込まれたところです。

金春の紅葉狩は山井綱雄さんのシテでも観ていますが、どちらかというと地味な金春流ではあるものの、前場の中ノ舞が途中から位が変わったり、後場では舞働からキリへと激しい動きが見られたり、動きのある曲ですので、楽しく拝見いたしました。

寝音曲ですが、そういえば最近とんと観ていませんでしたけれども、これまたなかなか面白い曲で、万作さんのシテでも観ていますが何度観ても面白い。玉ノ段熱演でしたね。

仕舞は鬼頭尚久さんが田村のキリで、桜間金記さんが鵜ノ段。本田さんのご長男芳樹さんの杜若キリと宗家安明さんの山姥キリ。金記さんの鵜ノ段が印象的でした。これはやはり轍の会も行ってみようと思う次第です。

それにつけても、この時期の観能は花粉症のリスクとの戦いですが、毎夜の鼻うがいとマスクなど対策のおかげか、無事に帰って参りました。めでたしめでたし。

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。