FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

嵐山のつづき

シテ・ツレは橋掛りで一セイ、二ノ句から、向かい合って「春も久しきけしきかな」と謡い、舞台へ入ってツレが正中、シテが常座に立ちます。

シテ津田さんの謡は力のある堂々とした謡で、老体の感じではありません。姿は老体でも実は・・・と感じさせる雰囲気。
地謡の上歌「笙の岩屋の松風は」で、ツレは笛座前に下がり、ワキはワキ座に着座します。
シテは「実相の花盛り」と目付柱を見上げる形から、サシ込・ヒラキと謡に合わせての舞。「この日もすでに呉竹の」と幕を見込んでからワキに向かって一足ツメ、「立ちくる雲にうち乗りて」とゆらりと雲に乗るような型。萩箒を落として「南の方に行きにけり」と常座までするするとツメて、そこから来序でゆっくりと退場しました。
メリハリがあって前場はなかなかに面白く感じました。

さて囃子が狂言来序になり、アイ末社の神の則孝さんが登場です。
登場したアイの立ちシャベリは、吉野の桜の種を取って嵐山に植えた由来。子守・勝手の両神が毎日来迎あって、そのため吹く風も嵐山を避けて吹き、桜が盛りとなった様子などを語ります。
さらにその桜を見るため臣下がやって来たことから、子守・勝手の両神が人の形となって現れて言葉を交わし、末社の神まで臣下をねぎらうようにと呼び出されたので、こうしてやって来たと言い、二足ほど出ると「神通を得たゆえに」嵐山に着いたと語ります。
臣下に御礼を申すのだと言って正中に下居し、ワキと言葉を交わした風で「かしこまって候」と言い、立ち上がって常座へ戻り、三段之舞を舞います。

間狂言の三段之舞は能の中ノ舞に良く似た構成ですが、そこはそれ狂言の舞らしく剽げた所作もありますね。
囃子での三段之舞を舞い上げると、今度は「やらやらめでたや、めでたやな。かかる目出度き折からなれば、我等の様なる末社の神も現れ出でて謡い奏で、これまでなりとて末社の神は、これまでなりとて末社の神は、もとの社に帰りけり」と謡いながら舞って、退場します。
舞の後で、さらに自ら謡いながら舞うのは結構きつそうな感じがしますね。特に末社の神は面を着けているので余計にそう感じます。
さてこのつづきはまた明日に
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。