FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

雁礫のつづき

野へ出た、と言って再び舞台を廻り、ワキ正で雁に気付きます。常座で弓矢を直して「射てみしょう」と正中あたりへ二、三度出て射ようとしたところに、幕が開き男が忙しげに登場してきます。

いかにも忙しげに橋掛りを進んだ則重さんが、一ノ松で雁に気付いて礫を投げ、当たったと言ってそのまま烏帽子を持って行こうとします。
ここは、弓矢で狙い定めてなかなか射ることの出来ない大名と、いかにも礫を簡単に当ててしまった男という対比を強調するためか、さして狙い定める風もなく、忙しい、忙しい、と立て続けにシャベリながら「礫を撃ってみよう、当たった」という運び。このあたりは吉次郎さんのときのアド千太郎さんと同じです。

さて、そのまま雁を持って行こうとする男を、自分が「狙い殺いた雁を持って行く」と、大名が呼び止め、雁は自分のものと言い張ります。
常座で立ち止まった男と、ワキ座あたりから呼び止めた形の大名が言い合いながら舞台を廻り、大名は弓に矢をつがえて男を狙い、男は出合え出合えと人を呼びます。

ここで仲裁人が登場。
それぞれの言い分を聞いて、雁をもう一度もとの場所に置き、大名に射させて、当たれば大名のもの、当たらなければ男のものということにします。
当然、男の方は、死んだ雁を置いて弓矢で狙うのでは「大名に有利」と抗議しますが、仲裁人は「あのおさむらいの手前を見るに、なかなか当たりそうもないによって・・・」と男を納得させて、弓矢で狙うことになります。

男が雁を再び脇柱近くに置くと、大名が目付に出てこれを狙います。吉次郎さんの時は笛座の方から狙う形でしたが、舞台の使い方が縦横逆になると、空間の印象が変わりますね。

さて大名は、弓に矢をつがえて狙うものの、だんだん近くに寄ってしまい、男に注意されながら、ようやく射たものの結局外してしまいます。
男はすぐさま雁を取って橋掛りへ向かい、大名が「片羽かひなりと置いていけ、羽箒にするぞやい」と追い込んで留になりました。
(15分:当日の上演時間を記しておきます)
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。