FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

頼政のつづき

老人ながら、実は武将である頼政の幽霊という表現でしょうけれども、謡にかなり力の入った感じです。
シテにワキが、扇の形に芝を取り残してあるのはどういうことかと問いかけ、シテはこれには物語があるので語って聞かせようと言って、正中へ下居して物語を始めます。

金春ではワキの問いかけに対して、シテの「物語の候・・・云々」という詞が無く、下居せずに立ったまま「昔この処に宮軍ありしに」と直ぐに物語に入りますが、このあたりも違うところです。

下居しての物語の後、地謡の「夢の浮世の中宿の」で立ち上がり、「我頼政が幽霊と」でワキを振り返り、常座を一回りして中入りとなります。

代わって登場したアイは宇治の里人。平等院へ参ろうと常座から目付に出て、ワキに気付く形です。ワキの求めで頼政の戦の話を語りますが、笛が森田流なので送り笛がない代わりに、アイの語りの終わりにアシライの笛が入ります。常々これはなかなか風情あると思うんですよね。アイ語りってどうしても単調になってしまいがちなので、笛がアシラウとちょっとホッとします。

アイが下がるとワキの詞、頼政の幽霊が言葉をかけてきたのかと、頼政を弔うことにし、待謡。
一声で後シテの出になります。

一ノ松まで進んで一セイの謡。前場では押さえつつも力の入った謡でしたが、後場は頼政の生前の姿だけにさらに力を込めた感じです。
「あら閻浮恋しや」と幕を振り返った型に思いが込められています。

舞台に入ったシテとワキが掛け合いで、読経の功徳で成仏は間違いないと謡いますが、この掛け合い、ワキの「御心やすく思し召せ。五十展転の功力だに成仏まさに疑いなし。ましてやこれは直道に」に対してシテが「弔ひなせる法の力」と進んでいきますが、金春ではワキの句の最後「ましてやこれは直道に」をシテが謡い、「弔ひなせる法の力」はワキの謡になって、この後、シテワキの謡が観世と逆になります。こんなところも注意してみると面白い。
さてこのつづきはまた明日に
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。