FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

宝生会を観に行く

このところ宝生流を見ていませんで、唯一の機会だった2月の式能も体調不良のために最終曲だった宝生の車僧をパス。
そんなわけで久しぶりに水道橋に出掛けてみました。考えてみれば昨年9月の五雲会以来です。

本日は高橋亘さんシテの藤栄、高橋章さんシテの吉野静、そして宝生和英さんシテの春日龍神と、能がいつもどおり三番。狂言は三宅右近さんのシテで狐塚でした。

藤栄は高橋亘さんのご子息、希クンが子方で出まして、しっかりしたお子さんだなあという印象。端正な面立ちで将来が楽しみです。
実は吉野静が終わった後のロビーに、ジーンズ姿の亘さんと奥様、上のお嬢ちゃんと希クン一家が出ておられまして、私服に戻るとやっぱり今時のお子さんなんだなあと、感心した次第。
高橋亘さんには、このブログにも時々書き込みをいただいたりするので、余程に声をかけてお礼とお祝いでも申し上げようか、と思ったのですが、やはり野に置けすみれ草・・・ではありませんが、匿名希望のZAGZAGさんとしては、ここは密かに応援していよう、とまあそんなわけで、ご一家の様子を横に見つつトイレへ急いだところです。

吉野静は亘さんの伯父様章さんのシテで、しっとりとした中ノ舞を堪能いたしました。
この曲、金春と喜多ではシテ静御前と、ワキ佐藤忠信が謀をめぐらす前場があるそうで、一度観てみたいと思っているのですが、残念ながら金春では遠い曲のようでなかなか機会がありません。宝生流では割に良く演じられるような気がします。
前場を欠くため、一時間ほどの短い曲ですが、緊張感と優美さが並立しているような構成で、楽しめる感じがします。

今回は、高橋さんご一家そろい踏みの藤栄、吉野静に加えて、宝生和英さんの春日龍神という番組で「これは久しぶりの水道橋か!」と出掛けたわけですが、春日龍神も満足した一番でした。
和英さんの能はあまり拝見したことが無く、どちらかというと後見でお見かけすることが多くて、さてシテとしては如何かと思っていたのですが、前シテも実に安定感ある演技。後シテは地味な宝生(というと失礼ですが)にしては、闊達な舞で好感が持てました。
龍戴が途中で前に下がってしまい、舞働の後で龍の部分が取れて飛んでしまったのは、いささか残念でしたが、それだけ舞にスピード感があったということでもありますね。

右近さん一座の狂言も面白く、見所も爆笑でした。
私的にはお気に入りの高澤祐介さんのアイが二番も観られたのがラッキーでした。春日龍神のアイは事前にいただいた番組表では河路雅義さんになっていたのですが、面をかけた末社の神の声を聞いていると、これはどう考えても高澤祐介さんだなあ・・・と、当日の番組を確認したところ、変更になっていた様子でした。

各曲の鑑賞記は、秀麗会の鑑賞記の後に書くつもりです。
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。