FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤栄もう一日つづき

クセを舞い上げたシテは一ノ松に立ちますが、アイが狂言座から出て傘を肩にして謡います。このアイにワキが呼び掛け、今舞った者が藤栄と確認したワキは、舞が面白いのでもう一度舞って見せよと伝えるようアイに命じます。

ワキの態度が横柄なのでアイは腹を立てますが、シテは騒がず「ああ暫く」とアイを留め、ワキに対して「今度は八撥を打って聞かせよう」と言わせます。アイはこれを告げ、ワキの態度を腹に据えかねる様子で「腹立ちや腹立ちや」と言いつつ、退場してしまいます。

シテはどこの者とも知れぬ修行者に舞を乞われたのは藤栄の面目、と鞨鼓を舞うことにします。「あまりに彼奴が憎さに、わざと鞨鼓の撥を大きにあつらえ」と内心、怒りつつ舞うことにするわけです。
物着で鞨鼓をつけて鞨鼓の舞、自然居士と同じ形ですね。

鞨鼓を舞い上げ、中ノリの地謡にのってシテは舞い、地謡の「天雲まよふ鳴神のとどろとどろと鳴る時は」で常座から橋掛りへ入り、「雨ははらはらはらと」と欄干を打つ型を見せます。さらに「音も八撥もいざ打たういざ打たう」でワキに詰め寄ります。

「この上はさし扇を除けられ候へ」とワキに迫って笠を落としますが、ワキは顔を隠していた扇をのけて「やあこれこそ鎌倉の最明寺実信よ見忘れたるか藤栄」と決めます。これにシテは驚き、下がって平伏しますが、ワキは月若への所業を叱責し子方に呼び掛けて重書を渡し、所領安堵を伝えます。
さらに藤栄に対しても慈悲を持って罪を許し総領を総領と立てよと命じます。

最後は地謡が月若の一族は以後繁栄したと謡って、シテが子方とともに立ち、子方を幕に送って常座で留拍子を踏みます。

勧善懲悪と言いながらも、慈悲を持って藤栄を許したという形で、藤栄の芸尽くしと目出度い気分を重視した作りのような感じですが、なかなか面白い曲と思います。観世流はなんで現行曲にしてないんでしょうかねえ。
(71分:当日の上演時間を記しておきます)
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。