FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

口真似 野村万蔵(九皐会)

和泉流 矢来能楽堂 2008.5.11
 シテ 野村万蔵
  アド 高部恭史、小笠原匡

口真似は良く出る狂言ですので、このブログでも何度か鑑賞記を書き、さらに良く似た狂言である察化と咲嘩を含めての比較の話も書きました。
そんなわけで筋を追う記載はしませんが、ちょっと感想など。

私、現九世万蔵さんのファンであると時々このブログにも書いております。
まだ父君野村萬さんが万蔵を名乗り、亡くなられたお兄様の耕介さんとともに、良介さんの本名でお出になっていた頃も、特に良介さんの演技にひかれておりました。

狂言の演技全体に好感を持っていますが、なかでも、たぶん表情の使い方に魅力を感じているのだろうと思います。
萬さんの、笑った後にスッと表情がぬけるとでも言いますか、あの表情の使い方も独特な感じを持っていますが、また違った意味で魅力があります。

今回の口真似では、万蔵さんと、酒飲みの男で出た小笠原匡さん、主の高部さんそれぞれの表情、雰囲気の違いが面白く感じられました。
万蔵さんの豊かな表情はいつも通りですが、小笠原さんもふっと見せる笑い顔など、笑う演技という場面でないところで、表情の動きが感じられます。高部さんはキチンと硬い表情のままで、主の役を演じきっている感じです。

ですが、見ようによって、落語の独演会などで、師匠の前に弟子の前座さん達が噺をするときの、師匠と弟子の違いと似たような感じもします。
前座、二つ目のお弟子さんの噺も相応に面白いのですが、師匠が出てくると余裕が違うというか、空気が変わってしまうような感じを受けることが多いように思います。

前座さんと比べては高部さんに失礼ですし、あくまでも比較の話としてですが、表情の使い方になんだか余裕のようなものを感じた次第です。

また、この曲では酒飲みの男に役名が無いので、こういう場合の通常の形としては、それを演じる狂言師の名前を呼びます。ただ、どちらかというと姓名の名前の方だけを呼ぶように思うのですが、この日は万蔵さんが「上ノ町の小笠原匡殿」と小笠原さんをフルネームで呼んでいたのが印象に残りました。
(15分:当日の上演時間を記しておきます)

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。