FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

老松さらにつづき

クセは居グセですが、続く謡の「ここも同じ名の」でシテが腰を浮かせ「天満つ空も」と立って「万代の春とかや千代万代の春とかや」と常座を向いて中入りとなります。

もともとこの「万代の春」の部分は「神さびて失せにけりあと神さびて失せにけり」という謡ですが、徳川の本姓が松平であることに憚って直したようで、観世流大成版では「神さびて」が基本で「万代の」と謡う場合もあるとしています。宝生では「万代の」の記載だけのようですね。

シテ、ツレが退場するとアイ所の者が呼ばれて登場し、安楽寺建立の次第と飛梅、老松のいわれを語ります。この日は開演前に出勤途中の石田さんをお見かけしたのですが、舞台の上では一回り大きい印象です。気の力ですかねえ。

アイが下がるとワキ、ワキツレの待謡で、出端の囃子へと移ります。出端とはいっても老体の神の出のため、随分とゆっくりしたテンポです。
後シテの登場は老松の神ということで老体ですが、厳かではあるものの老人くさくはないという微妙なバランス。常座に立ち「如何に紅梅殿」と謡い出し、今宵の客人を如何に慰めようかと、歌を歌い舞を舞うと謡って、真ノ序ノ舞になります。
この舞もまた老体ながらも凛とした舞で、端正な、という表現が一番あっているかも知れません。

舞い上げると「さす松の」と上げ扇をし、大ノリの謡に乗せて舞い続け、「さゞれ石の巌となりて苔のむすまで」と片膝ついて雲扇をして上を見、立ち上がって正先へ出て両袖を巻き上げ、「久しき春こそめでたけれ」と常座で留拍子を踏みました。

長時間、かつ老体の神ということで、ゆったりした能でしたが、端正な能といったら良いか、脇能に相応しい筋の通った舞台で、飽きることなく拝見しました。
(99分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。