FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

正尊さらにつづき

小林さんの起請文、喉を痛められないかと心配になるような本当に力の入った謡で、緊迫した雰囲気を盛り上げました。起請文を読み上げると、開いていた文をまとめ、左手に持って義経に渡して常座に下がり、下居します。

義経一行は正尊の嘘を見破ってはいるのですが、その文才に感じて「もとより虚言とは思へども」の地謡で、正尊に酒を勧め、静が立って正尊に酌をした後、中ノ舞を舞います。前場で静が中ノ舞を舞うというのは船弁慶と同様ですが、こちらは子方でもあり中ノ舞の三段のみを短く舞う形。

静は舞い終えると正尊の前に進み出て下居し、義経の忠誠を頼朝に伝えるようにと諫めたと地謡が謡います。

正尊は義経に礼をして立ち上がり、橋掛りへ進みます。
義経一行は「君も御寝所に入らせ給へば」で後ろを向き素袍を取って戦装束を整えます。義経も床几から降りてクツロギますが、正尊は橋掛りを進み中入りとなります。

中入りで弁慶はアイ下女を呼び、正尊の様子を見に行かせ、自らは後見座にクツロイで郎等と同様に装束を整えます。
橋掛りへ出たアイは、正尊が夜襲の準備を調えていることを聞きつけて、急ぎ舞台へ戻り弁慶に報告をする次第。

義経はもとの床几にかかり一同がもとの座に戻る間に、アイは切戸口から退場し、弁慶が義経に事の次第を報告します。
義経、ワキ、静の謡から地謡へと、弁慶の報告を受けて義経が準備をする様が謡われ、義経は立って静の差し出す太刀を受け取り、物着となります。
白鉢巻にモギドウ姿で正尊を待ちかまえる形です。

一声で長刀を抱え頭巾を着けた正尊が、姉和の光景以下の立衆を従えて登場し、橋掛りに立ち並んで一セイを謡います。
さてこのつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。