FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船弁慶さらにつづき

思いのこもったクセから序ノ舞。盤渉序ノ舞で途中から調子が上がります。
二段のヲロシで子方を見込んでシオル形が入ります。これも見せ所ですね。
実はこの後、舞が二段で舞い上げになってしまったような感じなのですが、この前後あたりはシテ工藤さんの演技も思いのこもったところで、ついつい別離の悲しみのほうに気持ちが行ってしまい、段を意識しないで観ていたため、この辺の記憶があやふやになってしまいました。

舞い上げたシテは正面を向いて下居の後、「舟子ども」とシテ柱の方へ向きを変え立ち上がって招き扇、艫綱を解くようにと急かす形で橋掛りへ進みます。
子方が立ち上がると、シテは一ノ松から正中へ戻り、扇を持ってシオリつつ下居。烏帽子を外して扇を落とし、モロシオリの形となります。

ワキがアイに声をかけ、アイの送り込み。
シテの後ろに立ったアイが声をかけ、シテを立たせて、話しかけながら幕までシテを送り届けますが、ここもなかなかに情趣のあるところです。

さて、シテを送り届けたアイが舞台に戻ってくると、ワキが船を出すようにとアイに話します。これを受けてワキツレが、今日は浪風荒いので、義経が逗留すると言っている旨を伝えますが、ワキ弁慶は急ぎ船を出すべきと言い張ります。
おそらくは静に名残があって、そう言い出されたのであろうけれども、平家を亡ぼした時は大風の中で渡邊福島を船出をした。今もまた同じであり、急ぐべきとワキツレを諭します。

ワキは「立ち騒ぎつつ舟子ども」と謡い、アイに船を出すように命じて後見座にクツロギます。これを受けて、アイが幕に走り込み、船を抱えて走り出てくるのも見せ所の一つ。いやが上にも盛り上がります。
さてこのつづきをもう一日、明日へ
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。