FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

胡蝶のつづき

シテの呼び掛けは型通り幕内からですが、優美に引き立てた声で高音がとても綺麗です。蝶の精が仮に人間に現れたと、たしかに感じさせるような謡。

シテの呼び掛けを受けたワキの詞のうちに、幕を出て静かに橋掛りを進みます。二ノ松で一度立ち止まって再び歩みを進め、「大内もほど近く処からなるこの梅を」と一ノ松で立ち止まって正先の梅を遠く眺める気持ち。正面に直した後に「心留めて御覧ぜよ」と語りかけるようにワキを向きました。

続くワキの謡で橋掛りを進み、名を名乗れと言うワキの詞に、常座へ出て「そなたの名こそ聞かまほしけれ」とワキに問いかけます。

シテ、ワキの掛け合いから地謡へ展開していきますが、ワキの「心をとめて」シテ「色深き」地「梅ヶ香に」と続くところ、シテの色深きの謡が実に趣深く心を込めた感じです。
重ねてのワキの問いに、シテは自ら人間ではないと語りますが、ここでも「梅花に縁なき事を嘆き」の詞から「来る春毎に悲しみの」とカカル謡になるところ、「嘆き」を実に柔らかく収めて、引き出すように謡につなげていくなど、細やかな心遣いが感じられました。

シテは謡いつつ正中へ進み、シオリつつ下居して地謡のクリになります。笛のアシライがとても綺麗で気分を盛り上げます。
槻宅さんの笛、かつては時々かすれるようになることがあって「どうかなあ」と思っていたのですが、数年前に私もたまたま居合わせたハプニングがあり、それ以来、大変美しい音色を、しかも常に出されるようになったと思います。このところ、番組を見て笛方に槻宅さんのお名前を見かけると、これは良い舞台になりそうと期待が高まります。
余程にコンディションも気をつけておられるのだろうと想像しています。

さて地のクリからシテのサシ謡となり、さらにクセへとシテが下居したままで謡が続きます。
クセの後半、シテの上端の後「昔語を夕暮の」と立ち上がり「月もさし入る」と左右を見て目付に出ます。地謡も柔らかく、月の光の中に仮初めに人間の形をとった胡蝶の精が、進む様を謡うようです。シテは「夢の如くになりにけり」と静かに中入りとなりました。
前場の間、何度か開キの型と思われる所作があるのですが、すべて手を開かず足だけ。そういう型なのかなあ、と思う一方、胡蝶の姿を現す前の人の形だから羽を広げない意味では、とも思えて興味を覚えたところでした。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。