FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

江口のつづき

囃子方が次第を奏し始めると直ぐに幕が上がり、ワキ工藤さんの姿が見えます。やや佇んだ後、ワキツレ大日向さんに梅村さんを従えての登場。舞台中央に向き合って次第を謡った後、ワキは都方の僧だが、未だ西国を見たことがないので西国行脚しようと思う旨を述べ、道行。都を出でて淀川を下り、江口の里に着いたと謡います。

ワキは江口の長の旧跡を尋ねようと、常座へ向かい、アイ里の男に場所を尋ねます。
アイは狂言座を立って一ノ松へ出、目付の方を見やって「一段高いところ」とその場所を示して一見を勧めます。ワキが礼を言い、アイが答えるという常の形で別れて、アイは狂言座に下がり、ワキは正中に出る形。

ワキは江口の君の墓を見、今見る「不思議さ」を感じて、西行法師がここで一夜の宿を借りたところ、主が宿を貸さなかったために「世の中を厭ふまでこそ難からめ 仮の宿を惜む君かなと」という歌を口ずさみ、ワキ座の方へと行きかけます。

するとシテの呼び掛け。
「なうなう、今の歌をば何と思ひよりて詠じ給ふぞ」と問いかけながら、シテが登場してきます。以前にも書いたことがありますが、本田光洋さんの呼び掛けは不思議と良く通る声で、ハッキリと詞が伝わってくる感じがします。

シテは、ワキが口ずさんだ西行法師の歌にあるほど「惜しんではいない」ことを伝えたくて声をかけたと言い、江口の君の返歌になぜ触れないのかと咎めて、江口の君の歌を示し、その歌の心を説きます。

江口の君というのは、一般的には江口の遊女といった意味だと思うのですが、ここでは返歌を詠んだという遊女妙を江口の君として固有名詞のように扱っています。

そしてロンギの謡で、シテは自らがその江口の君の幽霊であると明かして姿を消してしまいます。というわけで中入り。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。