FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

江口さらにつづき

中入りでアイ所の者が再び登場し、ワキの尋ねに答えて江口の君が普賢菩薩の生まれ変わりであると語ります。
この話「撰集抄」にある性空上人の説話を取り込んだと言われています。生身の普賢菩薩を拝したいと願っていた性空上人の夢に童子が現れて「室の遊女が長者を拝め」とのお告げがあったため、播磨の室の津を訪ねて遊女の長者と遊び、普賢菩薩を観じた話です。
これを江口の君の話に仕上げているわけですね。

アイはワキに経典を読み、さらなる奇瑞を見るようにと勧めて下がります。
これを受けて、ワキが弔いしようと語り、ワキ・ワキツレの待謡となります。

待謡では、遊女達の舟遊びの様が見えてきたことが謡われます。
ここは変則的なのですが、この後で一声の囃子、笛のヒシギが吹かれると後見が屋形船の作り物を出し、橋掛りに置きます。これはワキ正に置く形もありますが、今回は橋掛りで、正面から見るといささか遠くなりますが、舞台上のワキが近づいてくる船を見やるという雰囲気は出るような気がします。

さらに囃子で後シテ江口の君が、前後にツレの供の遊女二人を従えて登場してきます。
どうやら中世、江口や神崎の遊女達は、旅船でやって来る客に小端舟で漕ぎ寄せて行ったらしく、しかも緋の袴を着けた遊女と、笠を差し掛ける「大笠かざし」と船の艫をおす「艫取女」の三人が組になっていたとのこと。梁塵秘抄にもこうした様子があります。

能では前のツレ布由樹さんが大笠かざしに、後のツレ中村昌弘さんが艫取女にあたるようで、後のツレは棹を使うために肩を脱いでいます。

地謡が遊女の身のはかなさを謡い、ワキが如何なる人たちかと問いかけます。
シテは自ら江口の君であると名乗り、舟遊びの様を謡い船中で一回りして左右打込と型を見せます。そして地謡の「歌いていざや遊ばん」で一同が下船。
さてこのつづきはもう一日、明日へ
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。