FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舟渡聟のつづき

さて船を出すことになりますが、都の者だという聟の話に、その酒樽は京酒かと興味津々の様子の船頭。「一つ呑みたいなあ」と言うと、聟も「ひとつ呑ませたいなあ」と合わせます。
「なんじゃ呑ませたい」と、気持ちが募った船頭は是非とも振る舞ってくれるように頼みますが、聟は戯れ言だと断ります。

さてお決まりの、呑みたい、呑ませないというやり取りになり、せめて匂いだけでもかがせてほしいという船頭の言に、匂いだけならということになりますが、竿を置いて出てきた船頭は匂いをかいで戻ると、匂いをかがないうちは良かったが、かいだならば余計に呑みたくなったと聟に迫ります。

聟が拒んでいると船頭は船を揺らして、聟は揺れる揺れると大騒ぎになります。この辺りは大藏流も同じ形ですね。

結局、一つ呑ませることになり、一献だけのつもりがさらにもう一献と、何杯かを呑んですっかり船頭は調子が良くなって、船は対岸へと到着します。

船頭は帰りにも自分の船に乗るようになどと言いますが、聟は乗りたくもないと断って舅の家に向かうことになります。
船頭は狂言座にクツロぎ、聟は舞台を回ってうちへ案内を乞い、女が出てきます。

さて京から来た婿殿かと、早速舅にご挨拶という段になりますが、舅は留守の様子。聟はワキ座に着座し、女が迎えに行ってくると橋掛りの方に向かうと、狂言座の舅は体を揺らしてだいぶんに酔った風です。右近さんの酔っ払いはなかなか堂に入っています。

さて女が舅を見つけ、聟が来たから帰ってくるようにと言いますが、さて聟の様子をのぞき見た舅は二ノ松あたりまで逃げてしまいます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。