FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

簸屑のつづき

さて太郎冠者が扇を使って葛桶から茶を取り出し茶臼に移した後、扇を閉じて縦に持ち挽木を引くように回して茶を挽いているところに、朝から山一つ向こうに使いに行った次郎冠者が戻ってきます。
戻ってきた次郎冠者と、茶を挽いている太郎冠者の問答になりますが、茶を挽きながら話している太郎冠者はいたく眠そうな様子。

次郎冠者は、眠気覚ましに話を聞かせてやろうと、小男が相撲に勝ち続けていた話を始めます。この小男には誰も勝てそうになかったので、自分が立ち向かうことにして組み合ったと仕方話になります。
まずは両手を伸べて組み合おうとする型から、小男と組み合いになり・・・と萬斎さんの小気味よい動き。その間にも太郎冠者は話を聞くどころか眠くてたまらない様子で「大地へずでいどうとなげ付けたが」との足拍子の音に驚いたように伸び上がりますが、結局は寝入ってしまいます。

次郎冠者が寝入った太郎冠者を起こし、「今の話を聞いたか」と問いかけますが、太郎冠者は何にも聞いていなかった様子。
それならば、と次郎冠者は小舞の稽古をするので、太郎冠者に地を謡うようにと言います。

太郎冠者の地で次郎冠者が舞い始めますが太郎冠者はとうとうそのまま寝込んでしまいます。寝入ったことに気付かずに舞終えた次郎冠者が、「さて不調法いたした」と上機嫌で目付に出、ワキ座方の太郎冠者を見ると横になって寝込んでしまっています。
次郎冠者が起こそうとしても、太郎冠者は起きません。
そこで怒った次郎冠者、なんと太郎冠者に鬼の面をかぶせてしまいます。

さて目が覚めた太郎冠者、なんだか顔の感じが変だとは思うものの、寝込んでしまったためかなどと言いながら、再び茶を挽き始めます。

そこに主人が戻ってきますが、太郎冠者を見て家の中に鬼が居ると大騒ぎになります。
さてこのつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-08 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。