FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花筺さらにつづき

一声の囃子でツレの侍女を先にして、後シテの狂女が登場してきます。
先に立ったツレは一ノ松に立ち、紅入唐織を脱ぎ下げにし花籠を持っています。
後から出たシテは薄緑系の唐織を壺折に着け、笹を肩に笠を被って二ノ松あたりに立ちます。

ツレが脱ぎ下げで狂女の姿というのは珍しい演出かもしれません。シテはこれとの対比なのか、脱ぎ下げにせず、代わりに笹を持って狂女であることを示しているようです。
お嬢さんの光さんがツレをされていて、実際の年齢差も影響しているのかもしれませんが、シテはいささか年齢のいった感じです。

花筺のシテは装束付けからみると、若女や小面をつけて若い女として出ても、深井などで中年の女として出ても良いことになっています。
恋愛の情を強く意識すれば若い女として出て、恋慕を示すという主張もありますが、一方、わざわざ花筺を持って越前から上るという行動力や、紅葉狩りの一行の前に出て行くというしたたかさを考えると、やや年上の女性とするのも頷けるところです。

このあたり、どちらとするのか迷うところですが、この日は若い女性として出ているツレが脱ぎ下げの姿でもあり、もしや二人で照日の前という一人の女性のしたたかさと可憐さを表そうとしているのでは、と考えたりもした次第です。

シテは「いかにあれなる旅人」と謡い出し、「なに物狂いとや」と笹を下ろして言葉を続けます。さらにシテ、ツレ掛け合いの謡いとなり越前から大和へと皇子を慕って赴く旨を謡います。
そして二人「玉章を附けし南の都路に」と謡い、ツレが先に立って舞台へ入り、地謡の「われをも共に連れて行け」でツレは大小前に立ち、シテが常座に進んでカケリとなります。

カケリは常座で足拍子の後、三四足出て再び足拍子。目付へ出て舞台を回り大小前で足拍子。正先へ打ち込んで足拍子し、笹を肩に再び目付へ出、常座に戻って小回りしてサシて開クという、言ってみれば、大きく、次は小さく舞台を二回りするだけの形ですが、なかなかに思いのこもったところです。

さてこのつづきは明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。