FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

棒縛のつづき

呼び出された太郎冠者は、棒の型を見せるように言われ、棒を背に両手を広げて棒に掛ける形をします。この形で棒を使う様を見せていると、主と次郎冠者が寄って、太郎冠者の手を棒に縛り付けてしまいます。

太郎冠者が驚いていると、主はさらに次郎冠者を後ろ手に縛ってしまい、二人に、自分がいない時に酒を盗んで呑むらしいので、こうして縛ったのだと説明して、山一つあなたへ行くと出掛けてしまいます。

さて残された二人、主がいなくなってみると酒が呑みたくてたまりません。結局二人は不自由なままに酒蔵を開け、中に入って壺の蓋を取ってしまいます。
シテが葛桶の蓋を盃にし酒を汲みますが、手を棒に縛り付けられているために自分では口に届きません。そこでこれを次郎冠者に呑ませます。

二度ほど呑ませた後、良いことを思いついたと、汲んだ盃を次郎冠者に持たせ、自分はこの盃に口を当ててようやく酒を呑みます。

さてそれからは小謡を謡いつつ、舞を舞ったり酒を呑んだりの酒盛り。二人大騒ぎになります。
そんな中、主人が戻り一ノ松に立って二人の様子に気付きます。

憎い奴と怒った主人は舞台へ進み、二人の間に置かれた盃の後に立ちます。二人から見ると盃に主が映るため、二人は、酒を呑まれてしまうだろうかという主人の執心が映ったのだろうと語り合い、それにちなんだ謡まで謡う始末。

主が扇を振り上げ、次郎冠者はこれを交わして逃げ込みます。残されたシテの太郎冠者は棒で主人に打ち込もうとしますが、主人に外され、逆に主人に追い込まれて留となりました。
何度も書いていますが、私、万蔵さんの狂言が好きでして、この日も文句なく笑わせていただきました。
なお大藏流では次郎冠者の方が棒に縛られるため、こちらをシテとするようですね。
(15分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。