FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町さらにさらにつづき

シテ、ツレの謡から、シテは袖を放して二三足下がり、「共に涙の露」で拍子を踏んでツレ共々にワキに向く形になります。

ワキは二人が小野小町と四位の少将であると気付き「百夜通い」を見せるように求めます。これに二人は掛け合いで謡い、シテが後見から笠を受け取って、雪の夜も雨の夜も通い詰めたことを語ります。

シテが「身一人に降る 涙の雨か」と謡って立廻。
雨夜之伝は装束が替わるのと、この立廻の型が替わるという小書で、通常であれば舞台を一巡するに過ぎないところを、百夜通の様を詳しく見せる形になります。
目付に出て笠をかざし雨を見て足拍子。一度下がってツレの方を見、正中あたりに出て笠に左手を添え両手で笠をかざした形になって目付柱に寄ります。二三足下がって左へ回り、大小前で笠を落として小回りして下居。両手で笠を探して取って立ち上がり「あら暗の夜や」と謡いつつ笠を上げます。

ものの本によると雨夜之伝では立廻で橋掛りへ入り二ノ松で笠を落として安座し、「あら暗の夜や」からの謡を省略して「かやうに心を盡くしつくして」へ飛ぶとありますが、この日は橋掛りへは入らず、喜多流の型に近いような展開で、謡も省略はありませんでした。

この後は「月は待つらん」から笠を使いつつ舞台を廻り、「獨寝ならばつらからじ」と安座。左手の指を折って九十九夜なりとかぞえ「今は一夜よ」と小指を伸ばして示し、立ち上がって正中へ出、笠を捨てて扇を出して上扇、左右打込開キと型が続きます。

そののち飲酒戒を守って悟りを開いたと突然の展開になるのですが、ここはなんだか納得いかないところ。この部分には古くは省略された場面があったという説がありますが、さもありなんという感じがします。

いささか唐突な感じで「小野小町も少将も、ともに仏道なりにけり」シテツレ二人共に並んでワキに合掌し終曲となりました。このあたりは曲自体の問題なので仕方ないところです。
むしろ私として山本さんの深い演技に感じ入ったところで、型を中心に細かく書きましたが、それだけ一つ一つの所作に感じるところがあったということです。
(72分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。