FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大原御幸 近藤乾之助(国立能楽堂開場記念公演)

宝生流 国立能楽堂 2008.9.13
 シテ 近藤乾之助
  大納言局 小倉伸二郎、阿波内侍 金井雄資
  後白河法皇 田崎隆三
  ワキ 宝生閑、ワキツレ大臣 森常好
  輿舁 高井松男 大日向寛、アイ 野村小三郎
   大鼓 安福建雄、小鼓 住駒幸英
   笛 一噌仙幸

大原御幸(オハラゴコウ:喜多流は小原御幸と表記します)は三番目物でたぶん唯一の舞のない曲。動きも少ないうえに上演時間も長く、一般受けしない要素を多々持っている曲です。
謡を中心に聞かせる曲と言ってもよいでしょうし、江戸時代初期頃には上演されずに素謡用の曲として伝えられていたという話もあります。

じゃあつまらないのかというと、これは好みの問題でしょうね。
私は数年前、金春の本田光洋さんがなさったのを観て、思わず涙がこぼれるほど感動しましたが、さてその会の休憩時間に「なんでこんな能をやるのかねぇ」「動きが無くてなぁ」と話し合っておられる老紳士達の声を聞きまして、確かに人それぞれと思った次第。

平家物語灌頂巻(カンジョウノマキ)を能化したもので、大原寂光院に隠棲している建礼門院徳子のもとを、後白河法皇が訪れるという話です。
後白河法皇はツレとして登場しますが、後で触れるように大変重い役所なので、相応の役者でないと演ずることが難しいところ。このため金春流ではほとんど演じられることがないようで、私が観た時のツレは、まだ宗家になられる前でしたが金春安明さんでした。

さて曲の展開は明日からに
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。