FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

泰山府君さらにさらにつづき

天女ノ舞はサラサラとした動きで、特に思いを込めるといったものではありませんが、それが天女らしいということかも知れません。

天女ノ舞を舞い上げたツレは、さらに「天女はふたたび天降り」の大ノリの謡に合わせて舞い、「散りくる花を慕いゆけば」と正先の花に寄ります。

するとシテが「天上にてこそ栄花の桜」と謡い、右手の唐扇で花を指し示し「残りの雪の消えせしものを」と立ち上がってツレに寄り添い、ツレに枝を戻すように促す形になります。こういう形は珍しいと思います。

ツレが枝を桜台に戻し「あつぱれ奇特の花盛」と地謡が謡って、シテは両袖を巻き上げて桜台を見込んで舞働となります。ツレは笛座前に着座し、シテの豪快な舞が続きます。

舞働を舞い上げると、大ノリの地謡でさらに舞台を回りつつ舞い、「七日に限る桜の盛、三七日まで残りけり」と桜の命を二十一日に延ばし、常座で左袖を捲いて留拍子を踏みました。

切能ではあるのですが、脇能にも通じる何やら目出度い感じのする一曲。唯一現行曲としている金剛流では、正月など節目の会で割合よく演じられるようですが、納得できる感じがします。
なお後シテは、ツレを舞台に導いた後、笛座前ではなく橋掛りで床几にかかる演出もあるそうです。
(65分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。