FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鷺さらにつづき

一セイからツレとワキ・ワキツレとの掛け合いの謡、一同の上歌と続いて「神泉苑に着きにけり」と御幸の一行が神泉苑に到着したことが謡われて、ツレはワキ座で床几にかかり、工藤さんから順に従者役の梅村さんまでが、ワキ座から笛座前にかけて並びます。ワキの閑さんが少し離れて太鼓と大鼓の前あたりに着座して、神泉苑での場面です。

ツレ王のサシ謡から地謡の上歌になりますが、この地謡の途中「或いは詩歌の舟を浮かめ」の前で幕が開き、この句のあたりでシテが姿を現してきます。
白大口に白練を壺折りにつけ、まさに白一色での登場で、そのまま橋掛りを進んで最初の「あら面白の池水や」あたりで一ノ松に止まり、正面を向いてたたずむ形。

ツレが「いかに誰かある」と隣の大臣工藤さんに声をかけ、誰かあの州崎の鷺を捕ってこいと命じます。これを受けて大臣がワキ蔵人に命じますが、最初は両手を突いて承っていたワキも「かれは鳥類飛行の翼」あたりで、そもそも鳥をどうやって捕らえるのかと困った感じでしょうか、両手を突いた平伏の形から下居した形に変わります。

ともかくも大臣に励まされるように立ち上がったワキは、橋掛りに進んで一ノ松のシテを捕らえようとしますが、シテはするすると三ノ松あたりまで逃げてしまいます。しかし「汝よ聞け勅諚ぞや」とワキが橋掛りの入り口から声をかけ招き扇すると、シテは一ノ松に戻って下居。これにワキが近寄り、中入りの送り込みと同じような形でシテを導いて正中に出、シテは正中に下居し、ワキは常座で平伏する形になります。

「なほなほ君の御恵」で大臣が立ち、扇を広げて常座のワキに酒を勧め、ワキは立ち上がって「召し出され」でワキ正に両手を突いて爵を受ける形になります。六位の蔵人、鷺ともに五位の位を授けられたという次第。

この地謡の最後でシテが立ち「州崎の鷺の羽を垂れて」と謡って常座に向かい、続く地謡「松も磯馴るる景色かな」で正面に向き直って舞になります。
これが鷺の舞で鷺乱といわれるもの。基本的には猩々の乱と同様に中ノ舞で始まり、乱の部分があって最後にまた中ノ舞で終わる形になっています。
このつづき、もう一日
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。