FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

菊慈童さらにつづき

シテは帝の枕に二句の偈を書き添えて賜ったので、枕を見てみるようにとワキに言い、ワキが二足ほどシテの方に出てから、一畳台に向きを変え二足ほど詰めて遠く枕を見やる形になります。
そしてシテワキ二人で「具一切功徳慈眼視衆生 福寿海無量是故応頂礼」と、法華経の観世音菩薩普門品偈を謡います。そしてシテは地謡の「この妙文を菊の葉に」で立ち上がり、ワキがワキ座に向かう一方で「置く滴や露の身の」と作り物を出ます。そして正中に進み菊を持って答拝して楽になります。

今回は遊舞之楽の小書きがついているため、黄鐘調で始まった楽が初段で盤渉に調子が上がり、菊の枝を捨てて背にさした唐団扇を手に取り、様々な型を見せて舞が続いていきます。
途中、橋掛りへと入り一ノ松で遠くを見やる形から、下を見回して水の流れに菊の花が浮かんで流れていく様を追うような型を見せます。一ノ松から幕前まで進み、ここから橋掛りを早めの運びで戻って舞台上でさらに舞を続けます。
新聞のインタビュー記事でおっしゃっていたように軽やかに、楽しげに舞っておられる感じを受けました。

楽を舞上げた後は「ありがたの妙文やな」と上扇から大左右、よく仕舞でも舞われる部分になります。
最後は「ところは酈(機種制約文字ですので表示されない場合は、麗の右におおざとを書いた字)県の」で雲扇から「山路の菊水」と橋掛りへと入り、「菊かき分けて」と扇で道を開くように幕前に進み、留拍子を踏んで留となりました。

一日の会を締めくくる目出度い気分の一曲でした。
さらに最後に「千秋の秋津洲 治まる国ぞ久しき」と淡路の附祝言。当日は番組の最初が高砂の連吟でしたので、目出度く始まって目出度く終わる。まさに喜寿のお祝いの一日でした。
(44分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。