FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

綾鼓さらにつづき

シテの一セイは「後の世の近くなるをば驚かで」と、宝生流や金剛流ではサシで謡われる詞章が謡われて、続く「老にそへたる恋慕の秋露も涙もそぼちつつ」を地謡が謡い、宝生・金剛流の一セイ「さなきだに闇の夜鶴の老の身に・・・」の詞章は省かれています。

シテは地謡でワキに向いて正中へ出、下居してサシ「心がらなる花の雫の」と謡います。もともとのサシの詞章で一セイを謡い出すため、続く地謡の詞章が順にずれていく形で謡が進行し、クセは全くの異文です。

地謡が「初月(ミカヅキ)のひとめ見しより消えやらぬ」と謡い出し、満月に願いを掛けても「みえぬ色にや迷ふらん」とシテはシオリます。続く「いざ立ちよりて」でシテが立ち上がり、目付の方に二足ほど出てから作り物に向いて近寄り、シテの謡「ひとうち打てば」と鼓を打つ形を見せますが「おぼつかな」と面を伏せて、力なく謡ます。

さらに地謡が「さてまた打ちて」と謡うのに合わせて、鼓に寄って何度か打つ所作を見せますが、「たより渚のさざれ石に」と音が鳴らぬ様子に、地謡に合わせて流れる水を見回して、シオリつつ常座へ向かいます。
「ふり仰ぐ玉のとぼその窓のうち」とワキ座の方を見上げ「もしや御衣のすそだにも」と二三足よろよろと出ますが、「ひきつづ打ちに打ち」と再び鼓に打ちかかり、また下がり、さらに鼓に寄り、と謡に合わせて鼓への執念を見せます。

しかし「この鼓などか音せぬ」とあきらめ、タラタラと下がって「いかなれば音が出でぬぞ」と大小前に座り込んでモロシオリの形になります。詞章と型が融合し思いのこもる前場の見せ所ですね。

このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2008-12 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。