FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

和布刈さらにさらにつづき

クセに続くロンギでシテ、ツレは、龍宮に住む者と自らの身をあかし、海女は雲に乗り、翁は波に隠れて姿を消してしまいます。来序での中入です。先に「天津少女は雲にのれば」でツレが橋掛りへと進み、「翁は老の波に隠れ」でシテが立ってツレに続いて橋掛りを進みます。

シテが中入で姿を消すと、囃子が狂言来序に替わり、アイ海藻の精がが登場してきます。遠藤博義さんのアイですが、海藻の精を表す形か緑の縷水衣での登場です。
常座で立ちシャベリ。和布刈神事に際して、龍神、龍女が、姿を変えて現れたと前場の子細をまとめて語り、こうした目出度い出来事に添えて、自らも舞を舞おうと三段ノ舞を舞います。
舞上げるとさらに「やらやら目出度や目出度やな」と謡い舞し「また海中にぞ入りにける」と留めて退場します。

出端の囃子が奏されて、後ツレの天女が登場します。緋の大口に紫の舞衣、天冠を付けた天女の姿で現れた天女は、地謡の「かへすも立ち舞う袖かな」の謡で天女ノ舞を舞います。舞上げたツレは「さる程に」と謡い、招き扇をしてシテを待つ形。

早笛の囃子で後シテ龍神が登場します。豪放に現れたシテは、舞働を舞います。
さてこの間に後見が一畳台の真ん中に据えてあった小宮を左にずらし、先に肩上げの姿になっていたワキが、右手に松明、左手に鎌を持って「神主松明振り立てて」と謡いつつ、松明を振って一畳台に上ります。

ワキが神事の様を見せる形で舞い、シテは橋掛りへ進んで舞台をワキに明け渡すような形です。鎌で和布を刈った様を見せたワキはワキ座に下がり、シテが舞台に戻って舞い、さらに橋掛りへと進んで「龍宮に飛んでぞ入りにける」と幕前で袖被いて膝を着き、最後に立って留拍子を踏みました。ワキが所作を見せる曲は珍しいし、シテとの舞台上での動きがなかなかに面白いところでした。
なんだか脇能らしく、とても「有り難い」気持ちになりました・

さて、途中でいささか長く豊玉姫の物語を解説しましたが、この曲の他に豊玉姫の物語を取り上げている曲としては、玉井と、1991年に三百年ぶりで復曲された鵜羽ぐらいでしょうか。
玉井では、ワキ彦火々出見尊が釣り針を探しに龍宮に赴き、シテ豊玉姫と見染合う話がテーマとなっており、また鵜羽ではシテ豊玉姫が、ワキ当今に仕える臣下に鵜羽で葺いた産屋の謂われを語る展開になっています。
(87分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。