能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玉葛さらにつづき

ワキは「二本(フタモト)の杉の立所(タチド)を尋ねずは 古川野辺に君を見ましや」と古歌をあげ、これはどういう歌かとシテに問いかけます。
シテは、玉葛の内侍がこの初瀬に詣でた際に右近が詠んだ歌であると答え、あとをよくよく弔うようにと求めます。

シテは正中に進んで下居。ワキはワキ座に下がり、クリ、サシ、クセと謡が続いて、九州から都へと戻り、初瀬で右近と出会った話が、心細い思いとともに謡われます。
クセは居グセで特段の所作はありませんが、しみじみとした思いを見せるところ。

クセのあとはロンギとなり、シテはワキに自らを弔ってくれるようにと頼み「涙の露の玉の名」と名を明かしかけて姿を消してしまいます。いささかひやっとしたところでしたが、無事に乗り越えての中入。森田流ですので送り笛はなく、シテは静かに中入となり、アイが常座に出ます。

アイ初瀬の門前の者は、常座で名乗った後に目付へ出てワキを見つけ、ワキとの問答の後に正中に着座して、玉葛の物語を居語りします。やや長い語りになりますが、山本家のアイらしい、武家風の感じを漂わせるアイです。
終わり近くから笛のアシライが入りますが、アイは語り終えると、ワキに玉葛を弔うように勧めて退場し、ワキの待謡となります。

「照らさざらめや日の光」と、ワキが謡い出し、亡き影をいざや弔おうと謡って後シテの出を待つ形です。

後シテは一声の囃子で登場し、常座に発って一セイ「恋ひわたる身はそれならで 玉葛」と謡い出します。唐織脱下げで、鬘を左に一筋、ちょうど髪をたらしたようにしています。
このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad