FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

望月 浅見慈一(代々木果迢会別会)

観世流 国立能楽堂 2008.12.21
 シテ 浅見慈一 ツレ 長山耕三
  子方 小早川康充
  ワキ 村瀬純、アイ 山本則孝
   大鼓 亀井広忠、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 金春惣右衛門、笛 一噌幸弘

能に対する考え方、というか、能ってこんなものというイメージは、人それぞれに違うところがあって、羽衣や野宮のような曲に能らしさを感じるとすれば、この望月などは対極ですから、好みの分かれるところだろうと思います。

藤栄にも似たところがありますが、敵討ちの話に芸尽くしを絡ませるというのは、それはそれで人気のあったジャンルだったのだろうと想像しています。
何曲かある曽我物をはじめ、敵討ちというのは日本人の好むテーマの一つで、古来、敵討ちを主題とした様々な作品が書かれてきました。

この望月はそれに加えて、後半の芸尽くしで、子方の鞨鼓とシテの獅子という、魅力ある組み合わせが出されるため、人気曲の一つともなっています。シテの舞うのが獅子ではなく、例えば男舞などであれば、望月も今ほど注目される曲ではなかったかもしれません。
獅子だけを見るのであれば、まさに半能形式の石橋が一番ですし、芸尽くしの一つとしてならば、金剛流の内外詣のように、芸尽くしを見せるだけの曲でも良いわけですが、敵討ちと組み合わせたところに、この曲の意味があるように思います。
とは言え、繰り返しになりますが、好みの分かれるところでしょうね。

さて舞台は幕が上がると直ぐにシテの出になります。
紺白の段熨斗目に、香色とでもいうのかベージュのような地に紺で模様を散らした素袍上下を着けた直面のシテ、慈一さんが登場し、常座で名乗ります。気力の充実度が感じられるところ
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。